try→error→improvement -よりよいセミナーにするために-

2016年末からはじめた模様替えのインテリアセミナー。
次回は1月15日となります。
普段、法人向けの活動がメインとしているので、個人向けのセミナーはとても楽しく感じますし、また素直な感想をいただける場として勉強にもなっています。
なにより、インテリアのことを知りたい方に、自分の持っている知識や経験をお届けできるいい機会です。

セミナーでは、講義のあと、模様替えを想定したワークをやっていただきます。
ワークのメインは「コラージュ」といって写真や画像、イメージを貼り付けていく作業で、インテリアの業界ではプレゼンなどの提案をする際によく用いられる手法です。
前職からの経験で、注文住宅で建物(ハード)からインテリアをアドバイスすることが多かった私としては、コラージュという作業は1から自由に作業するものでした。

 

でも、前回、セミナーをやって気づいたのが「すべてのお客様が1からの作業でよいのか?」ということ。それを教えてくださったのが、前回ご参加いただいたお客様でした。
「模様替え」にはいろんなレベルがあり、家具を動かして動線を変更したいお客様や、
カーテンやラグマットを交換したいお客様や、
はたまたリフォームを考えていらっしゃるお客様まで、いろんな方がいらっしゃいます。

 

ところが、ワークでは、インテリアコーディネーターが普段やっているような「1から空間をつくりあげる」作業にしてしまったため、軽い気持ちでいらしていただいたお客様には少々難しいワークになってしまったようでした。
(もちろん、それをやりたいという方もいらっしゃるとは思いますので、そちらはそちらで用意しておくこととします)

 

セミナー後の軽いティータイムで、こういうのだったらどうでしょう?と改めてお客様にお話をうかがったところ、様々なアイデアやヒントをいただきました。
後日、その話を生かしてちょっとためしに作ってみたのがこんな感じ。
え?これはどうするの?って? それはセミナーでのお楽しみ!笑

常に工夫&改善でレベルアップをはかれる仕事を作っていきたいと思っておりますが、やっぱり、頭で思い描いていたのと実際にやってみたことというのは違いますね。
特にインテリア業界では「やったことない」「はじめて」は仕事の中でも非常に多く、知識や経験をもとに手探りでやりながら知り、学び、改善していくことが求められている業界でもあります。
やりながら私も勉強させていただいているつもりで続けていけたらいいなと思っています。

 

限られた時間の中でとっつきやすく、そして達成感を味わってもらうセミナーにするために、大事な視点をお客様から教えていただき感謝の前回でした。

 

そして、改善たっぷりの次回のセミナーは1月15日でございます!
今後は月1週末開催で、定期的な開催を予定しています。

 

お茶とケーキを楽しみながら、模様替えにチャンレジしてみてくださいね。