プロフィール

代表:小林暢世のプロフィール

 
「人が集う 空間づくりの専門家」空間コーディネーター 小林 暢世(のぶよ)。
 
 
1976年4月生まれ、東京都出身。牡牛座のA型。
(「のんびりやの牡牛座に見えない!」と占い好きの方によく言われるのですが、女性は月星座が性格に出るらしく。。月星座は水瓶座というと「なるほどね〜」と言われます。。どうなんでしょうか?)
変わった名前の由来は「のびのびと世の中を渡れ」という意味。
 
 
東京国際大学在学中にアメリカ留学やバックパッカーでの世界ひとり旅を通して「日本人の歴史や知恵」に興味を持つ。
卒業後、和食料理教室を主宰していた母に懐石料理や茶道を習い、事務職の傍ら外国人向けの和雑貨のWEBショップを経営。
親日派の外国人の反応を試したくて2006年パリの日仏交流センターエスパスジャポンにて企画出店を果たす。
2007年、その経験をもとにフランスにて起業を試みようとした直前に事故で大怪我を負い、一度は起業を断念。
 
 
3年にわたる怪我の治療中、人生の次なる目標を求めて、母の食器棚コレクションが好きだったことから丸山洋子テーブルクリエーションに入学。
事務職の傍らテーブル装飾を学び、テーブルコーディネーターを目指すつもりが、ひょんなきっかけでインテリア事務所を紹介され、2010年より美術品のコーディネーションを行うインテリアコーディネーターとしての活動を開始。
 
 
30歳すぎての方向転換だったため「40歳になったら独立するつもり」で、一からインテリア業界で修行を積む。
インテリア業界では未経験ゆえにアルバイトからの出発だった。
インテリアコーディネーター資格をはじめとし、カラー、照明、空間コーディネートを勉強。
そのうち美術品だけでなく「人が居心地いい空間を作ってみたい」「仕事を通してお客様の感動を分かち合いたい」思いでアートデコレーション業から住宅店舗の設計コーディネート業に転職し、住・商空間内装を約200件ほど手がけ実績を重ねる。
評判を聴いた取引先の大手建材メーカーの営業マンからの推薦で、新商品開発の際のアドバイザーを務めたことも。
 
 
仕事は忙しいながらも楽しい日々だったが、2013年秋、母の突然死をきっかけに「人生には必ず終わりがくる」ことを痛感するように。
地球のナン億年の歴史から比べたら、人間の歴史はたった100年程度。
この短い時間で悔いなく生きるためには、自分にしかできないことをしよう!という思いで会社を退職し、2016年に江戸小紋空間デザインを設立。
色彩心理や照明手法を駆使した「五感を満足させる」空間をテーマに、人が集う空間づくりの専門家として、住宅や商業空間の内装をはじめ、執筆、講演会など活動の幅を広げている。
また、会社員時代に新人教育を任されていた頃から、新人インテリアコーディネーターから仕事や人生の悩み事相談を受けることが多く、ICが直面する様々な悩みにも向き合ってきた経験を生かし、2018年から悩める新米インテリアコーディネーターが自信を持ってスキルアップできるようなオンライン講座を開始。
現在、全国の新米インテリアコーディネーターにオンラインでサービス提供中。
 
 
2018年より東京以外の仕事が増え、2019年は今まで以上に世界中どこででも仕事ができる「ノマドワーク体制」に向けて準備中。
英語のほか、30歳から独学で始めたフランス語はフランス国家の定める語学レベルDELF A1取得。
2019年以降、日本のインテリア業者向けにフランスのインテリアシーンの視察ツアーを不定期に開催中。
小説アルセーヌ・ルパンシリーズ愛好家として、怪盗ルパンのミステリーツアーも画策中。
 
 
取材関連:
2018.07 渡辺篤史の建もの探訪にて内装コーディネートを担当したお客様邸が取材されました
 
 

よくきかれる質問コーナー

 
以下は小林がよく聞かれる質問をまとめてみました。
 
 
Q1.空間コーディネーターって何?
もともとインテリアコーディネーターとして、室内空間のデコレーションや内装コーディネートが専門でした。
ただ、空間というのは、作るだけではなく作ってからが勝負。
人が集まって居心地の良い空間にならないと、ただ空間を作っただけになってしまいます。
江戸小紋空間デザインでは、そうした「居心地の良い空間づくり」を「人間・時間・空間」の視点で考えてご提案する作り手でありたいなと考えています。
このため、建築面(ハード)のご提案から、作った後どう活用する(ソフト)のご提案をアドバイスも含めて行なっています。
 
 
Q2.サービス内容を教えてください。
詳しくはサービスをご覧ください。
 
 
Q3.小林がやってるセミナーや講演会ってどういう内容?
講演実績や内容についてはこちらをご覧ください。
 
また、個人向けのインテリアセミナーは
お部屋の模様替えに役立つインテリアセミナー(知識編)
お部屋の模様替えに役立つインテリアセミナー(実践編)
のほか、ワークショップとして
「子どももつくれるカンタン行灯(あんどん)作り」
「おしゃれインテリア☆テラリウム作り」
も不定期でイベント開催しています。
 
 
Q4.執筆を手がけているものを読んでみたいのですが。
ありがとうございます。
現在、以下のサイトで定期的に執筆を手がけております。
プロが教える!家を建てる人のための家づくりブログ(家づくり中の皆さんやインテリア好きの方向け)
DESIGNERS’ FRIDGE(雑貨好き、海外旅行好きな方向け)
 
 
Q5.どうやってお仕事を依頼すればいい?
ありがとうございます!まずはサービスをご覧いただき、お問い合わせください。
 
 
Q6.地方にいるのですが、地方からの依頼は受けないのですか?
そんなことはありません。むしろ大歓迎です!
まずはサービスからオンライン相談をご相談ください。
 
 
Q7.ところで、なんでフランスなの?
いくつかの理由がありますので、お好きなものをお選びください。
・小学生の頃にはまった怪盗ルパンが好きで、いつかフランスに住もうとずっと思っていたから
・自分の周りのフランス人たちに、自分の仕事で喜んでもらいたいから
 
 
Q8.座右の銘は?
「Today is the first day of your rest of the life.」(今日という日は、残りの人生の初日)
そう、いつだって人生は初日なんです!
限られた命の中で、毎日はじめの一歩を踏み出しているんですよね。
 
「人生万事、塞翁が馬」
プロフィールにもある通り、2007年に事故で大怪我をした時に、自分の不運を呪い、なかなか立ち直れませんでした。
でも、その結果、テーブルコーディネートの勉強をし、そこからインテリアの道が拓けて今があります。
どん底の時代に、今一番大事と思われる大親友とも巡り会うことができました。
怪我の傷は体から一生消えることはありませんが、あの経験があったからこその今なのだなと思っています。
 
 
Q9.プロフィール写真が着物ですが、着物関連の仕事もやっているんですか?
着物が好きで着物を着たプロフィール写真も出回っていますが、残念ながら呉服屋さんではありません。
空間をつくる仕事をやっております。
 
また、着物写真のせいかみんなに「おしとやかな人」と思われやすいのですが、その実情は・・。
OL時代は世界展開している某格闘技エクササイズにはまり、フランス、台湾、香港などに一人で乗り込んで遠征しに行ったことも。
しかしながら数年前にエクササイズ中に回し蹴りをした瞬間に背中の筋断裂を起こし重症化、やむなく引退したという黒歴史がある・・というのはここだけの話にしておいてください。。。