おしぼり文化は日本発

飲食店に入り、席につくとすっと差し出されるおしぼり。

熱いおしぼり、冷たいおしぼり、タオルのおしぼりや紙のおしぼりなど
素材や温度もバラエティーに富むおしぼり。
居酒屋などでは中年男性が顔をガーッと拭いていたり、
触った瞬間熱くてアチチ・・と広げたり、
ついテーブルを拭いてしまったりといろんな使い方があるおしぼりですが
実は、おしぼりは日本が発祥で世界に広まった「おもてなしグッズ」なのです。

 

今日は、おしぼりについて学んでみましょう。

 

おしぼりの意味
0722-1

おしぼりというのは、客が手や顔を拭くために出す、湯や水で絞った手ぬぐいやタオルのことを指します。お弁当には「お手拭き」という紙や不織布製のおしぼりがつけられることも多く、食事を開始する前にお手拭きで指をぬぐって・・という使い方をする方が圧倒的です。
近年では、飲食店などでトイレから戻ってきた時にも改めておしぼりを出すサービスもあり、気分転換やリフレッシュといった意味合いも含まれていますね。

 

おしぼりの歴史
0722-2

日本独特の文化「おしぼり」。日本人はいつからおしぼりを使っているのでしょうか。

おしぼりは、もともと位の高い公家が客人を家に招いた時に出した「濡れた布」が発祥だそうです。その歴史たるや、古事記や源氏物語が書かれた平安時代からはじまり、江戸時代になると宿屋の玄関に、旅人に水の入った桶と木綿の手ぬぐいを用意して外で汚れた手足を清めてもらったといいます。濡れた手ぬぐいを絞ることから「おしぼり」という言葉が生まれたそうです。

客人には外の汚れを落としてさっぱりリフレッシュして、自宅に帰ってきたかのようにこの場でくつろいでいただこう。そういう主側の気遣いがおしぼりには隠されているのですね。

戦後になると、それまでは自前でおしぼりを用意していたのが「おしぼりを用意する」ビジネスが生まれ、業者が貸しおしぼりという形で飲食店などに提供するようになっていきました。おしぼり加熱器という器具も発達し、ここから温めたおしぼりや冷たいおしぼり、不織布製のおしぼりなど、いろんなカタチのおしぼりが発達していったのです。

 

海外でのおしぼり

日本の文化でもある「おしぼり」ですが、今や海外でもおしぼりのサービスは存在します。
なんとおしぼりブームの火付け役は日本航空。今でも飛行機が離陸して一番最初のサービスは、乗客全員にアロマの香り豊かな熱いおしぼりを配るというものです。

img_inflight
出典:http://www.jal.co.jp/aroma/
席についておしぼりでさっぱりとリフレッシュし、次なる機内サービスである飲み物を待つ。このサービスが世界中で好評で、今や世界各国の航空会社や長距離バスなどの乗り物や、高級料理店でのおしぼりサービスは普及してきています。

20年ほど前、トルコで長距離バスに乗った時、シトラスの香りのかぐわしい冷たい不織布のおしぼりが乗務員から一人ずつトングで丁寧に手渡された事を、今でも感動とともに覚えています。
埃っぽい外からバスに乗り込んできた乗客たちは、すっと爽やかな香りに癒され、手もこざっぱりと綺麗になり、ほっとした顔を見せていました。
その時は気づきませんでしたが、このサービスは日本産だったのですね。思い出すだけでも嬉しい記憶です。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。
普段何気なく使っているおしぼり。実は日本独特のおもてなし文化から発生したグッズです。
おしぼりにこめられた客人への「自宅でいるかのようにくつろいでいただこう」という心意気も覚えておきたいものですね。