箸袋のマナー、知っていますか

0720-0

料亭で、レストランで、居酒屋で、自宅での食事時に、ほとんど毎回出会うもの、それは箸。
美しい箸の使い方は日本人ならではの作法ですね。
今でも箸の使い方で、使い手の育ち方やマナーを見られていることも多いので、苦手な方も諦めないで美しい箸の使い方を練習していきたいものですね。

 

ところで、箸袋のマナーをご存知でしょうか。
手作りのものから、印刷された既製品のものまで、意外と箸袋に入った箸を使う機会は多いかと思います。
今日は箸の脇役、箸袋のマナーについて触れていきたいと思います。

 

箸置きがない時はどうするのが正解?

0720-1
箸置きは正式な和食の席ではほとんど必ずといっていいほど添えられます。ですので、箸置きがない席はカジュアルな場と心得ておきましょう。
本来であれば、テーブルに直接箸を置いたり、特に皿の上に箸を置く行為は「渡し箸」といってマナー違反です。ですが、箸置きがない場合は臨機応変にお皿の上に置いてもよいとされています。
間違いとされているのは、箸置きがあるのに箸置きに箸を置かず皿の上に「渡し箸」をしてしまうこと。小さいお子さんや普段箸置きを使い慣れていない人はついつい皿の上に箸を置きがちです。
箸置きが添えられていたら、皿の上に箸を置かず、箸置きを使いましょう。

また、箸おきがなくても折敷(おしき)やトレイの上に料理が出されているときは、折敷やトレイの左ふちに箸先をかけます。(箸先が少し浮いているのがポイント!)

 

箸袋って折っていいの?

0720-2

何気なくやってしまう人も多い、「箸袋を箸おき代わりに折る」。
これはマナーとしては問題ありません。
折り方としては「山折り」か「代わり千代結び」が主流です。折ったら、箸先の下に来るよう、左手前に置きましょう。(左利きの箸の方は右手前ですね)

 

使い終わった箸はどうするのが正解?

食べ終わった箸は汚れた箸先をなるべく見せないようにするのがマナーとされています。
そこで使い終わった箸は箸袋に戻す、というのが正解ですが、ここで一つ注意。
誰がみても「この箸は使用済です」とわかるように、箸は4割ほど袋から出すようにして箸袋の先端を二つ折りにするか、箸袋を代わり千代結びにして箸先をおさめるようにしましょう。
この時、使った爪楊枝も一緒におさめておくとよいでしょう。

ここでは、代わり千代結びの折り方をご紹介します。
そんなに難しくはないので、覚えてしまいましょう。

0720-3

0720-4

0720-5

0720-6

 

いかがでしたでしょうか。

日本人らしい美しい箸の所作の一つとして、箸袋のマナーを覚えておくと、いざお呼ばれされた時やビジネスでの席などで慌てずにすみますね。