嘉祥(かじょう)の日と季節の和菓子

全国のお菓子好きの皆さま。
6月16日といえば、何の日かご存知でしょうか?^^
 
 
6月16日は「嘉祥(かじょう)の日」といい、実は「和菓子を楽しむ日」です。
 
848年、疫病が大流行した年に時の仁明(にんみょう)天皇が6月16日に年号を「嘉祥」にあらため神前に16種類の菓子を備えて疫病よけを祈願したところ、たちどころに疫病がおさまったと言われています。
そこから6月16日は「嘉祥の日」とされ、厄除けや招福を願って菓子を食べる風習が広がり、昭和54年に全国和菓子協会が「和菓子の日」と決めたのだそうです。
 
 
今日は、月ごとの季節の和菓子をご紹介します。
和菓子は素材や色、形が鮮やかに季節を表す「食べる芸術品」。
私は練り切りが大好きで、近所の和菓子やさんの前を通りかかるとついつい季節のかわいらしい練り切りを探してしまいます。
 
 

1月 花びら餅

0620-1
花びら餅って初めて聞く人も多いのではないでしょうか。
京都でお正月にだけいただく伝統のお菓子の一つで、柔らかいお餅の中に白味噌のあんをごぼうと共に求肥で包んであるお菓子です。白味噌の味が口いっぱいに広がり、上品な甘さのお菓子です。
 
ごぼうを包むって変わっていますよね。
この花びら餅は実は裏千家初釜の「菱葩(ひしはなびら)」を菓子化したものであるからだと言われています。
「菱葩」は丸く平らにした白餅に、赤い小豆汁で染めた菱形の餅を薄く作って上に重ね、柔らかくしたふくさごぼうを二本置いて、押し鮎に見立てたものだそうです。
 
 

2月 うぐいす餅

0620-2
うぐいす餅は、あんを求肥などで包み、丸く包んだものを楕円形にし、左右に引っ張りうぐいすの形にした和菓子です。一般的にはうぐいす粉(青大豆からできたきな粉)をまぶして仕上げます。
 
このうぐいす餅は豊臣秀吉の茶会が発祥とされています。豊臣秀長が兄の豊臣秀吉を招いた茶会を開く際に「珍菓を造れ」と御用菓子司であった菊屋治兵衛に命じて献上したところ、秀吉はその餅を気に入って「この餅をうぐいす餅と名付けよ」としたそうです。
この菊屋さんは現在も奈良県郡山市に店が存続しているのですが、本家本元の菊屋さんのうぐいす餅は緑色ではなく普通の色のきな粉をまぶしているのだそうです。気になりますね!
 
 

3月 おはぎ

0620-3
おはぎ?ぼたもち?皆さんはどっちの名前で読んでいますか?
実はどちらも同じ材料でできているんです。
 
ぼたもちは漢字で「牡丹餅」と書き、春の彼岸の頃に咲く牡丹の花に似ていることから付いた名だそうです。
おはぎは漢字で「御萩」と書き、秋の彼岸の頃に咲く萩の花に似ていることから付いた名で、春に作るものを「ぼたもち」、秋に作るものを「おはぎ」と呼んでいたそうです。
また、ぼたもちには「こしあん」を使い、おはぎには「つぶあん」を使うなど、あんこの違いによって呼び分けることもあるようです。
 
 

4月 桜餅

0620-4
桜餅には、実は関西で発祥した道明寺と、関東で作られる長命寺という2つの種類があることはご存知でしょうか?
もともと京都で発祥した桜餅が江戸に行くにつれて少し形や作り方が変化していったようです。
 
道明寺(写真のタイプ)は餅の表面は粒つぶした弾力と粘りがある餅状のお菓子ですが、長命寺は小麦粉をクレープのように熱して固めた生地にあんをはさむタイプのお菓子です。
 
 

5月 柏餅

0620-5
柏餅は、5月5日の端午の節句の風物詩ですね。
平たく丸めた上新粉の餅を二つに折り、間につぶあん、こしあん、みそあんなどの餡をはさんで柏の葉でくるんだお菓子です。
 
 

6月 水ようかん

0620-6
寒天・砂糖を煮つめ、こしあんを加え、型に流し入れてやわらかく冷やし固めた、水分の多いようかんです。
水ようかんをみるといっきに夏らしさを感じてしまうのは私だけでしょうか。
暑い日に冷たく冷やした水ようかんがのどをするっと通ると至福の時間ですね。
 
 

7月 土用餅

dtl_mochi
出典:http://www.lawson.co.jp/recommend/static/unagi/smt/detail_mochi.html

土用餅をご存知ですか?
土用とは季節の変わり目の数日を指しますが、土用餅は、土用に食べるあんころ餅のことを言うのだそうです。
当初は丸くまるめたものを味噌汁に入れて食べると暑気あたりしないと言われていましたが、土用の入りの日にお餅を小豆餡に包んだ甘いあんころ餅を食べるように変わりました。
 
土用餅を食べると無病息災で過ごすことができると言われています。
 
 

8月 わらび餅

0620-8
わらび餅って、なぜわらびっぽくないのにわらび餅というのでしょうか。
 
わらび餅の原料は「わらび粉」です。わらび粉は、今が旬のあの山菜、ワラビの根から採れるデンプンです。
この粉を使った菓子なので、「わらび餅」という名前がつけらました。
わらび粉は葛粉に似ていますが、葛粉に比べると非常に手間がかかります。
そのため非常に貴重な材料ですので、実は現在出回っているわらび餅はサツマイモやタピオカから取れたデンプンや、くず粉を利用しているものがほとんどです。
 
ですのでわらび餅を買うときには、わらび粉で作られているのかをお店の人に確認して買うようにするといいですよ。
 
 

9月 月見だんご

0620-9
その年の豊作を願って満月の頃の月にお供えしたのが月見だんごの由来だそうです。
 
ところで月見だんごはいくつ供えるか知っていますか?
いくつか説があり、1つはその年に出た満月の数(うるう年は13個、後の年は12個)
もう1つは、十五夜に飾るから15個、
十三夜の時は13個、と言われています。
 
 

10月 豆大福

0620-10
大福こそ、ザ・和菓子という王道のお菓子ですね。
 
あんの基本は小豆ですが、イチゴやカスタードクリーム、コーヒー、プリン、生クリーム、マンゴーなど、あんに多彩なバリエーションをもつ和菓子は大福をおいて他にないのでは?とも思います。
 
 

11月 芋ようかん

0620-11
ようかんはようかんでも練ようかんや水ようかんとは違い、サツマイモを主原料として練り上げ成型した和菓子です。
私は東京で生まれ育っているので、芋ようかんといえば舟和です。
 
 

12月 きんつば

0620-12
さあ、和菓子と季節をめぐってきましたがいよいよ最後の月です。(いい加減、お腹すきましたね!)
きんつばとは、小麦粉を水でこねて薄く伸ばした生地であんを包み、円く平らな円盤型に形を整え、油を引いた平鍋で両面と側面を焼いたお菓子です。
角型をしている「角きんつば」は明治時代に考案されたもので、寒天を用いて粒餡を四角く固めたものの各面に、小麦粉を水でゆるく溶いた生地を付けながら、熱した銅板上で一面ずつ焼くのだそうです。
 
 
今日は目にもご馳走の記事でしたね。
こうして一部を紹介しただけでも、たくさんの種類や味があることがわかります。
 
 
普段は洋菓子を食べている皆さんも、季節を探しに和菓子やさんを覗いてみてくださいね。