海外進出の形態

海外旅行など観光目的と違い、ビジネスとして現地で営業活動を行っていくためには、現地での活動拠点が必要となります。
その拠点をどういう形態にするかによって、できること・やれることが変わってきます。
今日は現地に進出するための主要な形態3つについて簡単にご紹介します。

 

現地法人

進出先の国内法人という形です。進出先や進出の分野によっては、外資の出資比率に制限がかかってくる場合があります。

 

支店

日本の本社と同一法人で、日本本社が支店の法律行為についてすべて責任を負うものとなります。また、決算も日本本社と支店とあわせて日本で行われます。
営業活動が可能ですが、国によっては設置そのものがみとめられていない場合があります。

 

駐在員事務所

日本本社の一部として連絡業務、情報収集、市場調査、販売代理店の支援などを行う事務所形態です。しかし現地で営業を行うことはできません。

0814-1

いかがでしたでしょうか。
各国によって微妙に条件が異なったりしますので、まずは進出先の大使館やJETRO、在日の外国商工会議所などでどういった形で進出できるかを調べてみましょう。