セルフマガジンでじぶん棚卸し

先日、自己紹介&仕事内容を伝えるツールを作ろうと思い立ち、セルフマガジンづくりに着手しました。

前回の記事:セルフマガジン、作ることにしました

 

現在はデザインがほぼほぼ固まりつつあり、これから追ってフランス語の翻訳作業が始まります。
ありがたいことに、この分だと2週間ほど早く仕上がりそうで嬉しい限りです。

0927-3

昔、インテリア事務所時代にアーティストの作品紹介を作ったことがありますが、その時はIllustratorやPhotoshopの使い方を知るところから始まり、しかも慣れないデザインづくりに大苦戦したものでした。こんな調子ではいつ完成するかもわからないのに納期だけはせまってくるというプレッシャーに押し潰されて半泣きでパソコンに向かった思い出が忘れられず、今でもIllustratorは苦手意識の塊です。

 

ただ、いろいろと?!場数を踏んできたせいか、数々の修羅場をくぐり抜けて火事場の馬鹿力がついたせいか、今回は最初から全体の作業を俯瞰してみることができていて、あんなに苦手だったのに比較的楽に楽しくIllustratorを使えるようになっている自分に驚いています。これが成長ってものなのですね(しみじみ)。

 

そして何より作っていてよかったと思うのは、ビジネス内容の説明文のブラッシュアップができること。
今年に入って開業してから何度となく事業計画書を作成したり事業を説明する機会がありましたが、セルフマガジンづくりにおいても様々な角度からのブラッシュアップがありました。

 

特に、朝活仲間やセミナーにご参加いただいたお客様にも厳しい目でチェックしていただき、構成や説明文の推敲に多大なるご協力やアドバイスをいただきました。
とても嬉しいのは、見てくださる皆さんが親身になって、こうじゃないかああじゃないかとアドバイスしてくださること。本当にありがとうございます!

0927-4

見ていただく過程で、一つずつ口頭で説明していくわけですが、この説明を重ねていくうちに自分で「あっこう言うと伝わるな」「この表現だと誤解を生みやすいなあ」というのが少しずつわかってきました。うまく適切な言葉を見つけていく過程で、自分の過去や体験を語る。それはまさしく自分自身の「棚卸し作業」でもありました。
一応、自分一人で作って入るけれど、その裏にはたくさんのアドバイザーがついていてくださってみんなの力を借りて棚卸しできたなあと実感しているところです。

 

すごいのが、自分だけで作っていると独りよがりになりがちな表現が、見てもらってアドバイスを受けるたびに「誰にでもわかる」「興味を持って読んでいただける」ものに変わっていくんです。これには自分でもびっくり。
最初にざっとメモ帳で作ったものから比べると、かなりサマになってきました。
ものづくりに携わっている者としては、この過程がたまらなく愛おしく楽しい時間です。

 

自分でも印刷物がなんとも楽しみになってきました。
出来上がりましたらまたご報告しますね。