名刺の秘密

0904-2

「はじめまして」「お世話になります」
最初にご挨拶させていただく時、ごく何人かの方が気付いてくださいます。

 

「あら?この小林さんの名刺はとってもいい香りがしますね!」

 

うふふ。
そうなんです。
木でできている名刺入れに白檀の香りの文香を入れているので、私の名刺はほのかに白檀の香りが漂います。
ただ、とても薄い香りなので、その場では気づかなくても、名刺を整理している時にふんわりとした香りで気づかれる方もいるようで、後からメールで「今気づきました。すてきな香りですね」とご挨拶いただくこともあります。

 

ed-commonsのモットーの中に「五感で感動をおぼえる空間づくり」があります。
香りも嗅覚で楽しむ空間美のひとつ。
皆さんも、「懐かしい香り」「昔を思い出すような香り」の記憶があるかと思いますが、嗅覚は記憶と深く結びついているそうです。

 

実はこの白檀の香りは、独立する前にお客様からいただいたプレゼント。
お家が完成して、お引き渡しの時に「小林さんのイメージで選びました」と奥様からいただいたのですが、大好きな白檀の香りをあてられて嬉しいような、こんな素敵な香りだなんてという嬉し恥ずかしさでオロオロしてしまったことを覚えています。
この香りに負けないような私でいようと、名刺入れを取り出すたびにお客様の顔を思い出し気が引き締まる思いになります。
私との出会いを後々で楽しんでいただければという思いを込めて、今日も名刺を用意させていただいております。

まだお会いしていない方、ご挨拶する時に、楽しみにしていてくださいね。

 

 

9/24のインテリアセミナー、まだお席ございます。
インテリアのセンスアップに必要なエッセンスを一緒に楽しく学びましょう。