知っておきたい長寿のお祝い

先日、打ち合わせ中にお客様がお父様の喜寿(きじゅ)のお祝いをしたというお話をされていました。
喜寿とは長寿のお祝いの一つで、77歳のお祝いにあたります。
私自身、あまり長寿のお祝いについて詳しくなかったので、お話を機に長寿のお祝いを調べてみました。

命の通過儀礼

日本人の一生には多くの行事があり、これを通過儀礼と呼びます。
通過儀礼の多くは「誕生してから○○年(月や日)」でカウントされたタイミングで行われます。
子供が生まれて7日目に名付けを披露する「お七夜(しちや)」、100日目に一生食べ物に困らないようにと子供にご飯を食べる真似をさせる「お食い初め(くいぞめ)」という儀式など、生まれて数日〜数年は通過儀礼が多くあります。

一方、60歳以降の節目は命を全うしてきたことの労わりや尊敬をこめて長寿の通過儀礼が行われます。
代表的なお祝いは60歳の還暦(かんれき)。字のごとく、古来のカレンダーである十支(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の組み合わせが60年で一回りするところから60歳は暦を一周したという意味で還暦というのだそうです。
一周したことで命がリセットされ、これからまた人生が始まるとのことで赤ん坊のような赤いちゃんちゃんこと頭布が贈られるというのはそういう意味があったのですね。

 

長寿のお祝い

今日は、長寿の通過儀礼についてご紹介します。
ズバリ、10年ごとのタイミングと、数字の10の位と1の位(100の位も!)が揃った年が長寿のお祝いのタイミング。

60歳 還暦(かんれき)
上記の通りの命のリセットのタイミング。

70歳 古希(こき)
唐の詩人、杜甫(とほ)の「曲江詩」の一節「人生七十古来稀なり」(70歳まで長生きする人は昔から非常に少ない)からきているのだそうです。

77歳 喜寿(きじゅ)
「喜」の略字「㐂」が「七」を重ねて見えることから喜寿。

80歳 傘寿(さんじゅ)
「傘」の略字「仐」が「八」と「十」と見えることから傘寿。

88歳 米寿(べいじゅ)
「米」の文字が「八十八」に見えることから、米寿。

90歳 卒寿(そつじゅ)
「卒」の略字「卆」が「九」「十」に見えることから、卒寿。
そろそろ人生の卒業という意味にも見えなくもありません。

99歳 白寿(はくじゅ)
「百」から「一」を引くと「白」になるから白寿。
つくづく日本人はこういう語呂合わせが好きですね。

100歳 百賀(ひゃくが・ももが)
百歳をお祝いする、まさに文字通りの名称。

108歳 茶寿(ちゃじゅ)
「茶」の文字を分解していくと「十」「十」「八十八」になるから、10+10+88=108で茶寿。

111歳 皇寿(こうじゅ)
「皇」の字を分解すると「白」「十」「一」「一」になることから白(99)+10+1+1=111歳。
さすがにここまでくると、こじつけでは・・と思わなくもないですが、言霊や文字を大切にする日本人らしい発想とも言えますね。

120歳 大還暦(だいかんれき)
60年を2周りした大きな節目と言えます。

 

また、亡くなった方には、亡くなった年から数年スパンで供養する法事がありますが、これもまた通過儀礼の一つ。
日本人の一生(死後も)は、本当に通過儀礼が多いことがわかります。命を全うすることの大切さ、尊敬や感謝が根元にあることがよくわかりますね。
ところで、世界中をバックパッカーで旅していた頃から常々、「何が日本人たらしめるのか」ということを考えているのですが、「死生観」こそが日本人を日本人たらしめているのではないかと思っています。
その辺のお話しも、近いうちに書いてみたいと思いますのでお付き合いください。