お中元について知ろう

0704-1

梅雨時特有のじめっとした涼しさから一転、真夏の太陽を思わせる強い日差しも感じられるようになってきた今日この頃。もうすぐ真夏の到来ですね。
この時期、お中元の季節。お世話になった人たちに「上半期を無事に過ごせた」という感謝の気持ちを伝えるいい機会です。

今でも会社の上司や取引先にとビジネス関係でお中元を贈る会社がありますが、お中元を贈らないというルールの会社もあるそうで、人間関係の煩わしさから家庭でも贈らないケースも増えてきました。

今日は、そんなお中元について詳しくみていきましょう。

 

お中元ってそもそもなんなの?

0704-2
お中元の起源は中国です。中国には「三元」という風習があり、1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元としてお祝いしていたそうです。それが、時を経て中元だけが日本に伝わりました。7月15日前後にはお盆があるため、仏様へのお供物を親戚や商売相手などに贈るようになりました。これがお中元の始まりです。

お中元、お歳暮、と1年のうちに贈り物をするタイミングは2回ありますね。これは、1年の上半期、下半期に分けて、お世話になった人にご挨拶するということでもあります。

 

贈る時期っていつ?

お中元を贈る時期は、7月上旬から7月15日まで。お盆を旧暦で行う地域は8月上旬から8月15日までとされています。ですから今はまさにお中元を贈るタイミングですね。

もし15日を過ぎてから贈る場合は「暑中お見舞」として贈るようにします。

立秋(8月7日頃)を過ぎてから贈る場合は「残暑お見舞」として贈りましょう。

いずれにしても、早めに贈るのが良いとされています。

 

いくらくらい?予算の目安

気になる予算ですが、一般的な目安として、

親戚・知人・会社の上司や取引先など 3,000〜5,000円

特別お世話になった人 5,000〜10,000円

贈り先が何箇所かある場合は、無理のない範囲で、予算を考えていきたいものですね。

 

何を贈ったらいいの?

0704-3

気になる「何を贈ったらいいの?」というお中元ですが、

ビール

ジュース

ゼリー

季節の果物

ギフト券

などが多いようです。

私もかつて事故にあった時に非常にお世話になった弁護士の方に毎年お中元を贈ります。
そこの事務所は女性スタッフが多いので、休憩の合間にみんなでつまめるようなおしゃれな焼き菓子や見た目も涼やかなゼリーを贈ります。取引先などで男性が多い会社であればビールやお酒も良いですね。

 

貰ったらすぐにお礼を伝えましょう

そして、これは非常に大切なことでありますが、もしお中元を受け取ったらすぐに電話や手紙でいただいたお礼を伝えましょう。弁護士の先生は受け取ったらすぐに手書きの御礼状を送ってくださり、そこには品物に対してのお礼と簡単に近況報告が添えてあります。皆さんのご活躍のご様子が伝わり、贈った私もなんだか嬉しく感じるものです。

勤めている会社で取引先からお中元を受け取った場合は、総務や直属の上司に何をいただいたのかすぐに報告しましょう。

以前私の後輩の新人の受付スタッフが、この時期大量に送られてくるお中元の山をみて途方に暮れていました。高校を卒業したての彼女は入社してすぐに新事務所に異動となり、上司がいない中で届いた大量のお中元を前にあたふたしておりましたので、まずEXCELで表を作成するように指示し、受け取った日、贈り主と連絡先、何をいただいたのか、手紙が添えられているかなどを記入していくとともに、デジカメで開梱した贈り物を撮影してフォーマットに画像を貼り付けて完成させ、違う事務所にいる彼女の上司にメールで報告してもらいました。
上司はすぐに返礼の手配をした後、受付スタッフに、飲み物や食べ物の贈り物は事務所の皆で分けるように、金券や手紙類は上司に社内便で送るようにと指示を出し、ひとまずお中元の騒ぎはおさまりましたが、受付スタッフはお中元というものを知らなかったので、突然大量に届いたお中元には本当に驚いたようでした。

 

いかがでしたでしょうか。
最後に、一度、贈ったら毎年送り続けるのがお中元のマナー。贈る相手をよく考えてお中元をはじめてみましょうね。