ed-commonsからお歳暮のお知らせ

去年の11月30日付で前職を退職してから、一年が経ちました。
なんだかあっという間の一年だったような、しかし何もかも一人でやるため遅々として進まなかった一年だったような気がしています。

 

今年は感謝を込めて、プチお歳暮を作りました。
12月中にお会いする皆様には、新年用に手作りの祝い箸袋と両口箸をお配りいたします。
両口箸ってなに?という方は、こちらをどうぞ!
小林に会う予定は無いけれど欲しい!という方も、お気軽にお問い合わせくださいませ。

1206-1

 

思い起こせば、親しい友人や仲間に「和雑貨のビジネスを海外で興したい」と伝えたのは25歳の時。
30歳で念願叶う直前で大火傷の事故にあい、寝たきりに・・。
人生がひっくり返るような出来事に、一度は何もかも諦めざるをえませんでした。
数年の治療を経て、ひょんなきっかけからテーブルコーディネートを学び、そしてインテリアの道へ。

インテリアの道もまた険しいいばらの道でした。

 

プロとして独り立ちできるレベルになれているだろうか
まだまだこの程度ではプロとして認められない・・
毎日、プロかプロでないかを自問自答する日々。

 

自分の力不足に落ち込み、低体温症になりつつも仕事の合間をぬってインテリア学校に通ったり
終電を逃して夜中に自転車で片道20数キロを走り、慣れない道で迷って明け方自宅に帰宅したり
大晦日、一人事務所に出勤して図面を修正して職人さんにFAXしたり・・

 

いつもプロであるために必死だったし、本気でやろうと思っていました。
だからこそ、多くの方々が未熟な私を応援してくれたとも思いますし、だから今こうしてなんとか独立できたのだと思っています。
独立したと聞いて仕事をくださった前職の関係者の皆様にも多大なる感謝をしています。
皆様がいたから、ここまでこれたようなものです。
皆様の期待にこたえられるよう、これからもたゆまぬ努力を続けたいと思っています。
そんな気持ちをこめて、お歳暮を配っております。
気持ちよく受け取っていただけたら幸いです。^^