都会の山のグルメ祭り

本日は王子駅すぐの飛鳥山公園で開催された「Kita-Fes」に行ってきました。
普段はこうしたお祭りイベントにはあまりいかないのですが、先日浴衣帯の着付け講習会で行った近所のケーキ屋さんから「フェスに参加しますので遊びに来てくださいね」とお声がけをいただき、ちょうど散歩がてらにとぶらぶら。

 

よく考えてみたら、赤羽からわずか2駅しか離れていない王子駅駅前の飛鳥山公園には、小学生の遠足で一度行ったきり。
最近はお仕事の関係で王子駅前にはよく行くものの、意外と知らない王子の観光名所飛鳥山公園に興味津々です。

 

目指す飛鳥山は王子駅の目の前。
京浜東北線の線路西側はぐっと傾斜のきつい坂道になっており、飛鳥山公園はこの傾斜の小高い丘の上にあります。
駅前から丘の頂上までを往復する無料のケーブルカーに乗り、いざ飛鳥山へ。

0911-2

 

駅の目の前にケーブルカー乗り場があります。高架に走る電車を見上げてカメラでぱしゃり。
飛鳥山公園はこの線路よりも高い位置まで登っていくのです。

0911-3

小型のケーブルカーは観光客に人気。ほんの二分程度の短距離ですが、観光気分を盛り上げてくれます。

 

0911-5

ぐんぐんと上昇するケーブルカー。
線路を見下ろす高さまで上がっていきます。

 

0911-4

丘の頂上に着くとそこはもう、緑あふれる都会のサンクチュアリ。
江戸時代から「桜の名所」とうたわれた飛鳥山はしっかり整備された公園で、上野公園の並木道を思い起こさせます。
駅前とは思えないのんびりとした林道が南北に伸び、のどかな光景が広がります。

 

0911-6

 

林道を進んでいくと、見えてきましたフェスティバル会場。
このフェスでは、北区最大級のグルメフェスティバルともよばれ、地元の飲食店が多数出店しているのですが、この日は人気投票を行う鉄人シェフNo.1決定戦が行われていました。

 

早速ケーキ屋さんを探して会場をうろうろ。
お店が多く、どこに出店しているのかわからず会場内を一周。正面のステージでは踊ったり歌ったりのショーも繰り広げられています。
やっと見つけたケーキ屋さんは忙しそうでしたが、皆さん楽しそうに接客されていてがんばっていました。きっと大変なチャレンジだったと思いますが、多くのお客様にお店を知ってもらうよいチャンスだったと思いますし、素晴らしい経験になったんだろうなと見ていて嬉しくなりました。
フェス限定のこだわりのクレープを買い求め、近くの岩によじ登って完食。

 

会場を再びうろうろしているうちに目に飛び込んできた「四川水餃子」の看板。
実は私、大の水餃子好きでして、中国シルクロードへのバックパック旅行をした時も水餃子専門店を食べ歩いたものです。でも日本にはなかなか美味しい水餃子のお店がなくて、唯一地元のダイニングで作ってくれる山椒入りの水餃子が大好物なのです。
おっ?水餃子かあ、と近づいていくと、、ややっ?なんと地元で行きつけのダイニングだったのでした。まさか出店されているとは思っていなかったので、看板を見て驚いていると、店内のサポートスタッフの方が忙しくしている店長さんを呼んでくれ、「おお〜!!」と思わぬ場所での再会に二人で大笑い。
ここのところあまり顔を出せていなかったので、思わぬ場所で応援することができ、自分のことのように嬉しくなりました。
嬉しくなったついでに2回も水餃子を買いに並び、かる〜く二人前を一人で平らげたことはナイショにしておいてください〜!

0911-1

普段、地元の店をなるべく応援しようという思いでご近所のお店とお付き合いをしていますが、では応援とはなんだろうと思うこともあります。
もちろんお店に通うことで応援という形になるのでしょうが、こうしたイベントの時に知っている顔が顔を出すということはお店の人たちにとっても嬉しいことなのだなということが、2店のスタッフの歓待ぶりを見てよくわかりました。

 

私は普段空間づくりという形でお店の応援をしていますが、こういう形もまた、お店への応援なのだということがわかって、私の中では非常に大きな収穫を感じた一日となりました。

 

 

 

素材にこだわった体にやさしいケーキ屋さん
洋菓子かしこ
東京都北区志茂2-64-9 前薗ビル1階

 

赤羽でおいし辛い水餃子が食べられるお店
麺ダイニング 鶴田
東京都北区赤羽2-23-4 1F