隅田川沿いのリバーサイドに佇む、瀟洒な古民家ギャラリーカフェ

ルーサイトギャラリー(るーさいとぎゃらりー)

WEB:http://lucite-gallery.com/
住所:東京都 台東区 柳橋 1-28-8
定休日 : 不定休
営業時間 :ギャラリー開催により変動

春のうららの 隅田川 のぼりくだりの舟人が 櫂の雫も 花と散る

滝廉太郎作曲の「花」は、言うまでもなく日本の名曲の一つで、春の隅田川の情景を描いた作品です。
この春の隅田川の情景をのんびり眺めようとやってきたのが、総武線浅草橋駅から徒歩5分の、隅田川沿いの古民家ギャラリー兼カフェのルーサイトギャラリー。
昭和の芸妓さんのお家を改装した、粋で瀟洒な古民家です。1Fはギャラリーと厨房、2Fは隅田川が一望できるテラス席と、川に向かってカウンター席があり、まさに風光明媚な隅田川の景色を堪能できます。

さすが元芸妓さんのお住まいというだけあって、建築の材ひとつを取ってもため息のでる造り。
ギャラリーからあがってきたお客さんたちは一様に「うわぁ〜!」と大興奮。
「昔のおばあちゃんのお家みたい!」と嬉しそうに畳敷の部屋の鴨居を眺めながら懐かしむ人の多いこと。
この御宅は中でも凝った作りですが、庭の木々の植え込みや床の間、欄間・・、昔はみんな、このようなお家に住んでいたんですね。
やっぱり日本人のDNAには、木造の日本家屋を懐かしみ、馴染むものがあるのでしょうか。
すてきに造園された庭やテラスからは、隅田川を行き交う船や総武線が。
川というのは、なぜこんなに気持ちがおだやかになれるんでしょうか。
川面をのんびり眺めながら、思わず童心にかえって船に手を振ってしまう自分がいました。