気軽に取り入れてみたい門守り(かどもり)

日本には門守り(かどもり)という風習があります。
悪いことや災難をよけるために家の入り口や門口にお守りを置いたり、寺院で頂いてきたお札を貼ったりというおまじないの一種です。料亭の玄関にも盛り塩が盛ってあるのを見かけたことがあるかと思いますが、これもまた門守りの一種。
今日は、気軽にできる門守りをご紹介します。

 

盛り塩

塩は古来より「お清め」として神事に使われてきた縁起物です。
神道では、不浄や穢れ(けがれ)を落とす際には海に入り祓い清めていたとされており、その海からとれた塩が「清い」ものとして大切に扱われてきた(日本の塩は海水を引き込んで作る塩田から取れた塩です)ことと、
食べ物の防腐効果があり保存植物にも使われたことから殺菌作用や浄化作用があるとされていました。

盛り塩自体は、場所をお清めするという意味のほか、お客様を招くという意味のおまじないでもあるようです。

余談ですが、家の地鎮祭や上棟祭などで、塩、米、酒、水を敷地や家の角にまいて土地や家の神様にご挨拶する儀式がありますが、必ず時計回りに行います。時計と反対周りに行うとお清めの反対で悪いものを吸収してしまうそうなのでご用心を。

 

お札

神社や寺が出す守り札や護符を玄関や門口、入り口に向けて貼ることで邪気を防ぐとされています。
秩父の三峰神社の狼のお札は、火除けや盗難除けに効くそうです。なんでも本物の狼を連れてくるのと同じ効果があるのだとか。

 

水鉢

「水」も古来から清浄なものとされます。
玄関にしつらえる石や陶器製の大きな手水鉢(ちょうずばち)は風格があり和のインテリアとして玄関に飾ると素敵ですが、小さな渋めのうつわに水を張りお花をそっと浮かばせるだけでもとってもすてきなおもてなし空間が生まれます。

 

シーサー

沖縄の守り神で、南や北東の方角に向けて置きます。
シーサーは2体で1対、口が開いているものは福を呼び、口が閉じているものは福を逃さないとされています。明るくひょうきんな表情は、玄関のインテリアとしても活躍しそうですね。

 

先日、ちょっとした災難があって「悪いことが続かないように塩でもまこうかな」と何気なく友人に話したら「塩を乾煎りして室内にまき、掃除機でしっかり吸い取るとお清めにもなって室内も気持ちもサッパリするよ」と話してくれました。
門守りもそうですが、空気や場所や心身を清めるという発想は、日本の独特な文化であるように思います。