5W1Hの視点

店舗づくりにしろ、家づくりにしろ、模様替えにしろ、私がいつもお客様に問いかけるのは、5W1H。
5W1Hとは、中学校で習ったWhen(いつ),Where(どこで),Who(だれが),What(なにを),How(どうやって)という、例のアイツのこと。
仕事柄、お客様によくこの質問を投げかけるのですが、意外とかなりの確率で5W1Hが漠然としています。

そこで、今日は、セミナーでもお話ししている5W1Hについて少しご紹介します。

 

When”いつやりますか?”

まず、いつやるの?ということなのですが、1日で終わるのか?1週間かかるのか?数ヶ月?数年がかり?と言われると途方にくれてしまう方がいます。その方たちにはずばり「いつまでに終わらせたいですか?」を聞くようにしています。
お尻が決まると自然にやる気スイッチが入る人、多数です。

 

Who”誰がやりますか?”

あなた一人がやるのか?家族の協力が必要なのか?それとも業者に頼むのか?
ここがなんとなくぼんやりしていると、いざという時に動けなくなります。
複数の人が関わることであれば、事前にその人たちのスケジェールを押さえておきましょう。

 

Where”どこをやりますか?”

キッチンだけ?リビングもやるの?子供部屋もやるの?
最初にどこのエリアをやるのかを決めましょう。
作業をしながら場所を増やしていく人は(多いですよね、あれもこれもと手をつけてしまう人)、いつまでたっても作業が完了できません。

 

Why”何のためにやりますか?”

ここも盲点です。最初は部屋を広くすっきりさせたいので模様替えやリフォームを考え出したはずなのに、気がつけば家具やキッチンのカタログをみて「すてきね〜」「こっちの色の方が部屋に似合うかな〜」と、デザインや見栄えが重要になってしまい、目的がぶれていってしまうケースをよく見かけます。
特に家具やキッチンは、目的によっては収納や使い勝手が変わるものもあります。
目的がぶれているとその分後で「なんでこんなに使いにくいの買っちゃったんだろう」と後悔する羽目に。。

 

What”なにをやりますか?”

これを聞くと、「やらなきゃとは思っているんだけど、なにをやったらいいか、何から手をつけたらいいのかわかりません・・」と答えてくださる方、意外と多いのです。
そういう方には「何をしたら目的を達成できますか?」と聞き、何をするかを一緒に整理することが多いです。

 

How”やるためにいくら必要ですか?”

予算がしっかり決まっていない、予算をどう決めたらいいかわからないという方も結構いらっしゃいます。
そういう場合は、「何を購入したら目的が達成できるのか」という視点でご相談に乗っております。
家づくりにしろ、リフォームにしろ、模様替えにしろ、予算の決め方は人それぞれです。
目的に応じて、いくらかけるべきなのか、いくら必要なのか、考えてみましょう。

 

今まで数多くのお客様と接してきて、実に多くのお客様がインテリアを考えるときにまず色、デザインにばかり注目した空間づくりをやっている姿を目にしてきました。
何のためにやっていることなのか、目的のために何が必要なのか。ed-commonsは考え方や選び方からしっかりサポートするようにしています。
店舗づくりに、リフォームに、模様替えに。素敵な室内空間を考えるときは5W1Hを忘れないでくださいね。