状態の良い植物・悪い植物の見分け方

グリーンは生き物なので、環境の変化には敏感です。
購入したばかりなのにすぐ枯れるとか、元気が無いというのは、違う場所に移されたことで環境の変化についていけなくなったということも理由の一つかと思います。
ここで大事なのは、購入した時点のグリーンの状態。状態の良いものであれば、一時的な変化はあるもののしっかり環境に順応してまた元気になれますが、購入した時点で弱っている状態のものは、そのまま枯れてしまうこともあります。
今日は、購入するときの、状態の良い株とそうでない株の見分け方をご紹介します。

勢いや元気がある

まずは全体の様子をみましょう。茎がグラグラしていないか、葉が豊富で色つやはいいかなど見た目で元気な株を選んでみてください。

 

鉢と株の大きさのバランスがよい

次に、鉢と株の大きさをみてみましょう。見落としがちですが、このバランスが悪いとすぐに元気がなくなります。念のため、鉢の植え替え時期についてお店の人に確認するとよいでしょう。

 

間伸びしておらず、下葉が落ちていない

全体のバランスで上の方だけ葉がついていて、下葉が落ちているものは注意が必要です。鉢に下葉が落ちていないかも見ておきましょう。

 

葉の色つやがよく、病害虫におかされていない

あたりまえのことですが、思わぬ害虫を一緒にお持ち帰りすることのないように葉の色つやや虫食いはしっかりチェックしておきましょう。

 

新芽や新葉がよくついている

これから育っていく芽や葉があるかも状態の良し悪しを判断するためには重要なポイントです。

 

根がしっかりと張り、傷んでない

根が傷んだり弱っている株は、育ちも悪く、すぐに枯れてしまいます。葉だけでなくきれいで太い根が張っているか、しっかりチェックしましょう。根を見れば大抵の状態の見分けがつきます。

いかがでしょうか。ポイントとしては、全体の様子をまず確認してから細部をチェックすることです。また、グリーンは夏の生育期に元気な株が出回ることが多いので、観葉植物初心者の方は、夏の時期に購入することをお勧めします。