低コストで集客の仕切り直しができる「プチ改装」アイデア4選

念願のお店を開店したものの、どうも経営が思わしくない。
なんとなくお店がぱっとしない。
こういう場合、カンフル剤として内装をいじりたいというオーナーは結構いらっしゃるようです。
しかし、経営状態のことを考えると、それほどお金をかけられない・・という方も多いのではないでしょうか?
そういう時は、建築面(ハード)ではなくソフトでメンタルの仕切り直しをしてみてはいかかがでしょうか。お金をかけずに、しかもお客様の心に引っかかる「プチ改装」を考えてみましょう。

今日は、低コストで仕切り直しができる「プチ改装」のアイデアをご紹介します。

入り口のイメチェン

まずは「アレ?いつもと違う?」と通りすがりのお客様に感じてもらうことが大事。
メニューを大きく表示させてみる
のぼりや看板の数を変更させる(看板に掲示する内容を変える)
ドアにカッティングシートを貼る/はがす
簡単なことですが、まずは低コストで第一印象を変えてみてください。

 

トイレを徹底的に綺麗にする

トイレをきれいに使ってもらう為の5つのアイデア でも書きましたが
トイレがきれいな店舗は大抵居心地もいいですし、何よりお客様がきれいに使う傾向があります。
トイレがきれいだと「あの店はいい店だよ」と感じる確率が非常に高いのです。

既存のお客様が「居心地がいいから」とお友達を呼んでくださったりすることもあります。
「毎日掃除しているよ」ではなく、徹底的に居心地の良さを追求してみてください。
また、トイレ清掃のタイミングも見直してみましょう。

 

配置を変える

家具や座席の配置を変えることで印象が変化します。
特に、座席は、ただなんとなく並べていることはありませんか?
そのお店でどんな風に過ごしてもらいたいかで座席の配置を考えてみることをお勧めします。
コミュニケーション?プライバシー?椅子の配置が空間を制す

 

色を変える

店舗で大きな面積を占める床や壁の色を変えるのも一つのアイデアです。
あわせてスタッフのユニフォームも変えたりそろえたりすることで統一感が出てきます。
最近では壁紙の上から塗れる塗料もありますし、大変ですが自分たちでDIYでチャレンジしてみると予算が抑えられたりします。

 

 
いかがでしたでしょうか。
改装のポイントはお客様から”あれ?”や “なんで?”を引き出す仕掛けをつくることです。
そしてお金をかけない分、お店やお客様に対する思いをかけていきましょう。