ICを必要としていないハウスメーカーが増えている理由

インテリアコーディネーターの勤務先というと、工務店やハウスメーカーと答える方は多いです。
実際、これらの企業が行うインテリアコーディネーターの募集には応募が殺到します。
しかし今、みなさんが思っている以上に、ハウスメーカーにおける従来のインテリアコーディネーターの活躍の場が失われてきています。
インテリアコーディネーターの役割、もっとシビアに言うと存在価値が薄れてきているのには以下の理由があります。
 
 

設計士や営業マンが内装打ち合わせをする企業も多い

家づくりの業界において、インテリアコーディネーターは内装の仕様(床・壁・天井など)について打ち合わせをすることがメインの仕事ですが、設計士や営業マンがインテリアコーディネーターの仕事を兼ねている企業は多いです。
間取りの打ち合わせの延長で設計士が室内の色決めまで行うケースは結構あり、家具の提案も行える設計士も多いです。
また、家具メーカーのショールームやカーテンショップでは無料のインテリアコーディネートサービスを行っているところもあります。
 
 

仕様カタログで決める企業では、正直ICは不要になってきている

いわゆる多くのローコスト住宅では、あらかじめカラーコーディネートのラインナップがわかる仕様カタログを用意して、打ち合わせ回数の短縮やコストカットをはかっています。
あらかじめおさまりがわかっている商品を選定していただくことで、施工の手間やトラブルを軽減させるといった意味もあります。
 
仕様カタログには施工事例やイメージが載っているので、極端な話、「床の色はこのカタログの中のこのページから選んできてください」といった具合に、お客様にカタログを渡して選んできてもらうということができるので、ICがいなくても仕様が決められるんですね。
 
 

利益を生み出せる販売型インテリアコーディネーターは非常に少ない

上記のように、あらかじめ決められた仕様の中から好きなものを選んでいただく、という打ち合わせが日本のハウスメーカーの主流となっている今、ICがいなくても内装打ち合わせが滞りなく進んでいます。
これには、上のようにあらかじめ仕様が決められているという理由もありますが、もう一つは、企業にとって利益(粗利)を生み出せるICさんが少ないということもあります。
 
何回かコラムでも書いていますが、ICさんの仕事の本質は販売職です。インテリアの商材を提案して売るのが仕事です。
だからこそ、販売職として利益をあまり上げられないICさんだと、会社としては「IC業務の代わりを設計士や営業マンにやってもらおう」とコストカットの対象になってしまいます。
まずは販売に対して意識の高いインテリアコーディネーターでいるかどうか。
自分が担当する建築資材や家具照明などの粗利、きちんと把握してみましょう。
 
 
 
いかがでしたでしょうか。
ただでさえ狭き門なのに、仕事自体が減っている・・ということでショックを受けられた方も多いかもしれませんが、現状の業界の現実です。
 
ここで考えるべきは、ICとしての存在価値って何なのだろうと考えること。
「この仕事にはICが必要だ」と思わせる価値を、IC自身が経営視点・販売視点で考える必要があります。
ICを使う意味、価値をどう発揮するかを考えながら仕事をしていきましょう。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で現役インテリアコーディネーターからインテリアコーディネーターの仕事の実務が学べる
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会