闇があるから光は輝ける

駆け出しの新米ICさん時代、インテリアの専門学校に通っていました。
そこでの照明講座の恩師の印象に残った言葉に「闇があるから光は輝ける」という言葉があります。
 
 
“光は、何もない空気を照らしても明るくはならない。
光が明るく見えるのは、必ずそのそばに濃い影や暗い闇があるから。
闇が暗ければ暗いほど、光は目立って光り輝く。”

 
 
授業の一コマで、光をどこに当てるのか、の話の時に出てきた言葉です。
なるほどな、と思って聞いていましたが、その瞬間、ある友人のことを思い出してはっとしました。
 
 
彼女は学生時代の友人。
やかましいくらい底抜けに明るい性格で、彼女がそばにいるとぱっとあたりが明るくなるような子でした。
友達も多く、常に彼女の周りには笑い声が絶えませんでした。
 
明るい彼女といつしか自然と仲良くなり。
一緒に帰ることが増えました。
家族の話やバイトの話をしてくれるようになり、幼い頃に親が離婚して生活が困窮していた時代が長く、苦労したこと、働きながら学校に通っていることを話してくれました。
 
 
驚きました。
太陽のような輝きをもった明るい彼女が、まさか暗い過去を背負っていたとは。
そんな過去の暗さや苦労をいっさい感じさせない、とても強い明るい光を放つ子だったのです。
 
 
彼女の明るさはいったいどこからきてるのだろうかとずっと不思議に思っていましたが、照明講座の先生の話で急に腑に落ちました。
 
 
すっかり太陽のような彼女の明るさばかりを見ていましたが、本当は、暗い影や闇も含めての明るさだったのだと、納得したのです。
照明の話に限らず、世の中で輝いていることには必ず引き立たせる影の部分があるものなのだとその時に知りました。
 
 
だからか、それ以来、照明を見る時は、必ず目立つ光だけでなく影の暗い部分も含めて観察するようにしています。
もちろん、照明だけでなく、世の中のことも、人も。
 
 
闇が光を輝かせる。
あなたも、光だけでなく光を彩るための影を観察することで、何か見えてくるものがあるかもしれません。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会