フリーランスのICさんが収入源を分散させるべき理由

コロナ禍でフリーランスのインテリアコーディネーターの仕事も様変わりを見せています。
やはり今まで以上に淘汰されているのを感じていますし、仕事の内容自体も変化しています。
今までのようにはいかない新しい時代の中では、フリーランスのICさんが心得るべきは「収入源を分散させる」という点です。
 
 

収入源を分散させるのはフリーランスの基本

企業に所属していないICの仕事にとって、収入というのはかなり変動的です。
特にコロナ禍の中では、ビジネスを継続すること自体が困難です。
 
その中で、収入源が1つしかないという状況は、そもそもフリーランスや個人事業主として非常に厳しい状況と言わざるをえません。
というのは、世の中はいつ何があるかはわからないもの。
今存在している取引先はいつどうなるかはわからないのです。
1つしかない収入源が何らかの状況で断たれれた場合に備えて、複数の収入源を確保しておきましょう。
私も起業した当時と比較すると、収入源を分散させることを意識して収益をあげています。
万一に備えて、ビジネスのコンテンツを増やしたり収入源を分散させるのはフリーランスの基本と心得ましょう。
 
 

BtoCのビジネスは売上が立ちにくい市場と心得る

ビジネスの顧客を考えた時に、誰を顧客にするかという視点を考えてみましょう。
多くのフリーランスのICさんは開業届を出した個人事業主という立場かと思います。
個人事業主は自分の名前や屋号が看板となるBusiness形態ですが、多くのICさんはどちらかのスタイルで顧客を得ているかと。
BtoB(Business to Business)企業対企業としてのビジネス
BtoC(Business to Consumer)企業対消費者としてのビジネス
 
多くのフリーランスのICさんは、一般の消費者(Consumers)に向けてインテリアコーディネート業を生業にしているかと思います。
しかし、BtoCは非常に変動性があり、名の知られていないICさんにとっては集客がことさらに難しい状況のため、集客の予測が立ちづらいもの。
またコンテンツが少ない上に価格設定も安いケースが多く、赤字まっしぐらな方も。
提供するサービスの値段を買い叩かれているケースもしばしばあります。
このように、BtoCはまず集客が不安定な上に売上額も非常に低い「儲からないコンテンツ」であることを認識していく必要があります。
それでいい、という方であれば、特に問題はないのですけども。
 
 

BtoBを見据えて収入源を分散させる

経験の浅いICさんは「自分はBtoBができるほど知識や経験もありません」という方が多いのですが、BtoBの方が単価も高く、より安定した収益を得られる可能性が高くなります。
特にBtoCで収益があがっていないICさん、インテリア関連で月1万円以上稼げないというフリーランスのICさんは、まずは自分自身のマネタイズを見直すこと。
その上で企業向けのBtoBにシフトできる技術や知識を磨くべきです。
 
コロナ禍をしっかり乗り越えていくためにも、収入源を分散させることを早急に取り組んでみましょう。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会