新米ICさんは「借りパク」に気をつけろ

就職した新米ICさんが何気に憤慨しているのは「借りパク」ではないでしょうか。
借りパクというのは、「他者から借りたものを返さず、そのまま自分の所有物にしてしまうこと」です。
 
借りたまま返さないってひどい!信じられない!と思いますよね。
かくいう私も、借りパクには何度も痛い目にあってきました。
そこで、今日は借りパク撲滅!NO MORE借りパク!の願いを込めて、コラムを書きたいと思います。
 
 

残念だけど「借りたら返さない」が比較的多い業界です

私が過去に借りパクされたのは
・三スケ(三角スケール)
・製図用のシャープペン
・書きやすいボールペン
・打ち合わせ用のA4バインダー
・コンベックス(巻き尺)
・現場用の上履き
・ふせん
・日塗工のカラーサンプル
・自分用に用意しておいたメーカーのカタログやプライスリスト
などなど・・
  
他人のじゃなくて自分のを用意してよ!と思うものばかり。
しかも、自分なりに書き味など試して買った文具やこだわりの仕事グッズなどを持って行かれるとダメージもでかいのです。。
 
 
残念ながらこの業界で借りパクが横行しているのには、いくつか理由があります。
それは、
打ち合わせ中、お客様に貸したら、返却を忘れてそのまま帰られてしまった(お客様の荷物に紛れ込んだ可能性もあり)
 
同僚が、自分のものかと勘違いして持っていってしまった
 
誰かが、緊急に必要だった際につい目の前にあった誰かのものを拝借してしまった
 
そのうち、一番ムッとするのは「誰かが緊急時に勝手に拝借した」パターンですね。
しかもこれ、使い終わったら返してくれたらいいのに、使って返すのを忘れてしまうとか、中には普段から他人の持ち物をチェックしていて「たしかあの人が○○を持っていたはず・・」と意図的に持っていってしまう人もいるので、困ったものです。
 
 

借りパクされないために、あなたができること

私も散々借りパクされてきた方なので、誰かに貸した時はすぐに回収しに行くように心がけています。
しかし、不在時に勝手に使われたり、持ち出されたら回収が難しくなります。
 
そこで、万一借りパクされても手元に持ち物が戻ってくるために私が心がけていることは
・持ち物にはすべて名前を入れる
・無くなった時に泣き寝入りをせずに「探している」を公開する
・犯人探しをするのではなく「見つけたら私のデスクに置いておいてください」とお願いする
・備品貸し出し表を作成し、”みんなが使っていい備品”を用意し、共有備品の返却場所を明確にする
 
 
もちろん、あなた自身も「借りパク」しない、というモノに対する心がけが大事。
忙しい職場だからこそ、「ついうっかり返し忘れた」も多くなります。
みんなで気持ちよく働くためにも、借りパクを撲滅していきたいものです。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会