ICになることが大事なのではなく、ICになって何を提供できるかが大事。

これからインテリアコーディネーター試験を受験しようと思っていらっしゃる方や、将来ICとして働きたいという方から、「ICになることが目標です!」という連絡をたまにいただきます。
 
 
目標や夢を持って生きること。
その方の人生を切り開くための素晴らしい決意ですし、そんな思いを心から応援しています。
 
 
しかし、もし本気でインテリアの仕事をしたいと考えているのなら。
忘れてはならないことがあります。
それは、インテリアのプロとしてあなたは何をしていきたいのか、何を提供できるのか、何を提供できるようになりたいのかを考えることが大事、いうことなんです。
 
 
大抵の方は
インテリアが大好き!
すてきな空間にいたい!
と好きや憧れの気持ちで、インテリアの道を目指していると思います。
 
でも、それを仕事にしてお客様からお金をいただくということは、好きや憧れだけでは成立しません。
プロとして仕事をする以上、必ずあなたの目の前にお客様がいるということです。
お客様という存在に、あなたがどう関わっていくか、あなたがどんなことをしていくのかが、この仕事では何より大事です。
 
 
インテリアコーディネート自体は、別に専門の知識がなくても、コーディネートすることは十分できます。
正直な話、今は無料のコーディネート相談もありますし、自分でPCを使って室内パースを作れる時代。
あなたにお金を払わずとも、お客さまは理想の住まいを自分で組み立てることができるのです。
 
 
そこに、お金を払ってコーディネートを依頼するということは、「プロとして期待以上の価値」を期待されているということなんです。
あなたは、プロとしてお客様の期待に答えられる「価値」を提供する必要があります。
価値とは、なんでしょうか。
 
例えば、お客様が思いつかないようなコーディネートセンスかもしれません。
お客様が知り得なかった内装の技術や知識かもしれません。
実際にコーディネートを通して得てきた経験値かもしれません。
 
 
お客様にプロとして価値を提供する時、そこには、あなたの「好き」や「憧れ」が求められていることではないのです。
「好き」や「憧れ」を差し引いた時、あなたのICとしての価値は何が残るのか。何が残るべきなのかをじっくり考えてみましょう。
シビアなことをいうと、「好き」や「憧れ」しかないのであれば、仕事ではなくて趣味でもいいのかもしれません。
 
 
これからICを目指そうという方は、あなたがお客様に提供できる価値とは、あなたが今後提供したい価値とは何かを考えていきましょう。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会