プロ目線で仕事をする

資料の準備や修正、見積もりの手配・・
新米ICさんはやることが多い上に、仕事に慣れてないために、仕事に圧倒されがち。
とりあえず先輩や上司から指示されたようにやらなくては、と、目の前にある仕事を片付けることで精一杯になっていますが、ただ漠然と言われたとおりに仕事していては、せっかくのチャンスをつぶしてしまいます。
 
チャンスとは、プロの視点で仕事や商材を理解すること。
プロの視点とは、インテリアコーディネーターとしてお客様に商材を提案する際に必要なものの見方だったり、お客様に伝える情報が見えているかを指します。
 
今日からでもできる、「プロ目線」の意識の仕方をご紹介します。
 
 

アマチュア目線とプロ目線の違い

プロ目線に対比するのが、アマチュア目線。
多くの新米ICさんはアマチュア目線から脱却できてません。
年数を重ねたベテランICさんでもプロ目線がない人をたまに見かけます。
 
アマチュア目線とはずばり、お客様側からの立場での視点のこと。
インテリア大好きという視点だったり、お金を出して買う、という消費者という視点です。
もちろんお客様側からの立場や気持ちに立って仕事をすることはとても大切なことですが、インテリアコーディネーターは、お客様側からの視点+プロとしての視点が問われる仕事です。
 
プロの視点というのは、作り手側の視点であったり、売り手側の視点であったりと、提案者としての視点です。
あなただって、インテリアコーディネーターを名乗る以上はプロの一員。
プロとして、プロ目線でインテリアをみていますか?
 
 

プロ目線は、一歩踏み込むことから養われる

例えば、商材の価格。
アマチュア目線では、商材を高いか安いか、全体の予算感からの視点が重要ですよね。
プロ目線を育てていきたいなら、たとえば
・施工方法やおさまり
・メーカーのシリーズごとの価格に現れる仕様の差
(素材の差なのか、金具や設計デザインの差なのかなど)
・客出し見積もりとメーカー見積もりの差からの粗利率
他にもたくさんありますが、新米ICさんは、まずは上記のことから意識してインテリアを見ていくことが大事です。
 
 

あなたが意識しない限り、プロ視点は身に付かない

これらのことは、誰が教えてくれるわけでもありません。
あなたが意識しない限り、ものの価値や作り手の仕組みといったプロ側の視点がないまま漫然とアマチュア目線で仕事をすることになってしまいます。
 
逆にいうと、早い段階でプロ視点で仕事を見ることができる人がインテリアコーディネーターとしてのレベルを着実にあげることができるとも言えます。
 
 
上記では敢えて誰もが気にしているであろうデザインやカラーやコーディネート方法には触れていません。
作り手側、売り手側として、プロ目線で仕事をしているか、何がプロ目線として大事なのかを意識して仕事に取り組んでいきましょう。
 
 

 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会