あなたの人生の決定権はあなたが握っているという話。

人生の岐路に立った時。
人は、判断つかない状況やどうしていいかわからない時に、最善の方法を求めて誰かに相談したりします。
友達や家族、先生に相談したり、占い師やカウンセリングに相談しに行く方もいるでしょう。
 
 
でも、覚えておいて欲しいのは。
相談相手のアドバイスは、あくまで一アドバイスであり、あなたの人生を保障してくれるものではないということ。
そして、相手がアドバイスしてくれた内容が相手にとってどんな意味を持つのか、を考える必要があります。
 
 
30歳を過ぎて、ひょんな話からインテリアコーディネーターへの転職の話が持ち上がった時。
信頼している学生時代からの友人に相談に乗ってもらおうと、子育て中の彼女を尋ねました。
 
子供を寝かしつけながら彼女は言いました。
 
「20代ならまだしも、まだ夢みたいな事を言ってるの?私たち、もう30過ぎているんだよ?いい加減、現実を見なよ。結婚相手を探して早く子供を産まなくっちゃ」
 
 
おそらく彼女は、私を傷つけるために言ったのではありません。
彼女の立場から、「これが女性の幸せだ」「30歳すぎたらやるべきこと」を、親切にアドバイスしてくれたんだと思います。
 
 
でも、それは、私が聞きたい答えではなかった。
私は「がんばれ、応援してるよ。この際資格を取って本気でやってみなよ」と言ってもらいたかったんだと思います。
だから、チャレンジを全否定されたようなアドバイスにショックを受けました。
今では私とは違う意見を述べてくれたことに、ある意味感謝していますけども。。
 
 
人に相談する時は、その相手が100%欲しい答えを言ってくれるわけではありません。
人には様々な経験や立場があり、あなたと同じ経験や価値観を持っているわけではないということを知っておくべきです。
だからこそ、相談する相手がどういうバックグラウンドを持ち、どんな価値観を持っているのか、ということも含めて知っておくと良いと思います。
 
多くの人は、自分の経験から、最善と思う事をアドバイスしてくれます。
「あなたならできるよ、応援してるよ!」とアドバイスしてくれる人は、おそらく自分自身もチャレンジをしてきた人です。
 
 
ただ、あくまで人生の決定権はあなたにあります。
あなたの人生なのだから、あなたが思うように歩めばいい。
他人のアドバイスはあくまでアドバイスであり、どう取るかはあなたの自由だと言う事を覚えておいてくださいね。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会