炎天下のアウトドアライフに取り入れたい「遮熱」

先日、真夏のアウトドアに備えて日差し避けのためのタープを購入しました。
 
今回のタープ探しのポイントは、ずばり「遮熱」。
タープは、住宅で言うならば屋根にあたります。
快適な家づくりで屋根を提案する際に必ず説明するのが「遮熱効果」なんです。
 
 
昨今の異常ともいえる気候の苛烈さ。
特に真夏は猛暑日と呼ばれる、日中の最高気温が35度を超える日が年を追うごとに増加していますよね。
日当たりの良い階上の室内だと40度以上あがるケースもありますし、夜になってもなかなか下がることがありません。
 
この過酷な環境にさらされている住宅。
どうしたら室内環境で少しでも外気の環境を和らげ快適に過ごすことができるか。
住宅では太陽の熱や光を遮る仕様を屋根、外壁、断熱材などに取り入れることによって、外気に左右されない快適な室内づくりを行っています。
 
 
そこで出てくるのが遮光や遮熱といった効果。
ここで改めて、遮光と遮熱についてご紹介します。
 
 
遮光(しゃこう)
文字の如く、光線をさえぎる仕様。
住宅だと遮光カーテンのように、太陽光を遮るために光を透過させない繊維を織り込んだ裏地を張ったものや、ブラインドのルーバーのように羽の角度を変えることで光線を遮断する方法があります。
 
 
遮熱(しゃねつ)
遮熱は熱を遮断する仕様。
物体はに光線にあたって熱を帯び、その熱が室内側にこもることで温度があがるので、光を物体から反射させることで跳ね返し、光線による温度上昇を防ぎます。
住宅では、遮熱用の塗料を塗布した屋根材や壁材、光を反射させる金属膜を張ったLow-E複層ガラスなどがあります。(Low-E複層ガラスは断熱効果もあります)
 
 
今回アウトドア用の日差し避けタープをネットで探した際、多くのメーカーが遮光と遮熱を混同させていることに気づきました。
遮光ができればある程度遮熱ができる、という意味で「遮熱」をうたっている商品もありました。
それに、遮光というよりは紫外線(UVブロック)に対しての性能をうたっているものも。
普段、遮光等級のあるカーテンを扱っているので、遮光等級低そうだなぁ・・というものがたくさんあります。
 
要するに、遮光とか遮熱とうたっているものの、具体的な性能や効果については触れられていない商品が多く、購入をためらっていたんですね。
 
 
そんな中でガチで遮熱に取り組んでいる国産メーカーがありました。
FIELDOOR スクエアタープ
私が注目したのは、シルバーコーティングを施した生地は熱を抑える遮熱の効果があるという部分。
日本国内の検査機関にて遮熱試験を行った結果が表示されていました。
シルバーコーティング(太陽光を反射させる裏地がついている)有り無しでは、最大で4.1℃の温度差があることが実証されています。

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B077VNRRCV/
日頃、家づくりで屋根材や外壁材が熱くなることの危険性を説いている私としては、そうだよ遮熱だよ遮熱!と心の中で叫びました。
 
 
ソロキャンパーなので、Sタイプを購入。
色は、光を反射させることを考えるとライトグレーがベストですが、タープを白系にするのには全体のカラーバランス的に抵抗があり、赤も狙っている系統の色ではないため最後まで迷ってダークブラウンを購入しました。
 
 
実際に風の強い日差しの強い夏日に近所のバーベキュー場でタープを設営。
炎天下だと河川敷の地面(砂地)からの照り返しは強烈。
確かにタープあるなしでは体感温度が全く違います!
UV遮蔽効果もあるので、試しに足先だけタープの日差しから出してみたところ、足の甲だけくっきり日焼けしていました・・。
 
 
タープの中の熱のこもりが気になる方は、遮熱効果のあるなしにも注目してみてください。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会