仕事をモノにできるどうかはあなたの感性にかかっている

先日、打ち合わせの席で。
コロナの影響で春先から仕事のキャンセルが相次いでいましたが、ようやく再始動というタイミングであちこちから声をかけていただいたおかげで夏は忙しくなりそうです、という話をしていました。
 
 
相手はそうでしょうねとうなづき、この再始動をきっかけに、仕事が入ってくる人と入ってこない人で極端に分かれているようですよ。仕事が入ってこない人は淘汰されていくでしょうね。と言いました。
 
 
話が終わってからも、言われた事がしばらく頭の中をかけめぐっていました。
なぜ仕事が入ってくる人と入ってこない人に分かれるのか。
もっと言うと、みんな同じように頑張っているのに、なぜ仕事が入る人と入らない人に分かれるのか。
特に私のようなフリーランスで仕事を請け負っているような人には、大事な疑問です。
 
 

経験が「今」を作るのは間違いない

ありがたいことに、独立して自分の名前で仕事をするようになって早4年目。
独立する直前から、会社員時代に担当していたお客様からお客様をご紹介していただいたり、応援していただくことが何度かありました。
(実力を誰かに認めてもらっている、あなた自身のサービスを買いたいと言ってくださる人がいることは、独立を決める上で「需要がある」ことを推し量る意味ではかなり重要な指針の一つです。逆に、需要がないまま独立しても、仕事は入ってこないと考えた方が良いでしょう)
 
仕事を一つ一つこなしていくことで、良いことも悪いことも経験してきたことで、今につながっているなぁと思う事が沢山あります。
このように、今の私を支えているのは、良くも悪くも「経験」なんですね。
 
 

経験を積んだだけでは仕事をモノにできない

そうしたら、経験を積めば人は誰でも仕事で評価されるようになるのか?
 
でも、経験をただ積めば仕事ができるというものでもないんですよね。
それを思い知らされたのが、別の企業さんとの会話。
 
 
先日、別の企業さんとの打ち合わせで。
密にならないようにコロナ対策をして打ち合わせ仕事を行うことの説明を受けた際。
一通り聞いた後で、質問ありますかと聞かれたので聞いてみました。
 
「キッズルームの話を聞いていないですが、キッズルームはどのような対策を取っていますか?」
 
「例えば小さなお子さんのマスクを取っていいですかと親御さんに言われたら、どういう対応をしたらいいですか?」
 
「”打ち合わせ後に希望があればショールームを専属スタッフが案内する”とおっしゃっていましたが、あそこのショールームは土日がとても人気で完全予約制だから、当日飛び込みのお客様を案内できる専属スタッフはいないと思うのですが、予約なしで専属スタッフにご対応いただけるのでしょうか?」
 
他にも質問があったのですが、担当者の方が「え、え、え〜っと・・・か・・確認して後でご返答します」としどろもどろになってしまったので、いったんやめて、後でメールで質問することにしました。
 
 
コロナ対策。
確かに前代未聞の事態の中での、初めての試みです。
しかし、お子さん連れの対応や打ち合わせ後の対応など、この仕事をしていれば初めての試みではありませんし、ちょっとシチュエーションを想像できたなら対策を打って回答できることばかり。
 
 
しきりと初めての試みなので・・とおっしゃっていましたが、ニュースなどをみて対策を考えていたら、今までの対応を思い出したら、何も特別なことはなく、まったく考えに及ばない未知の話ではなかったと思います。
経験をそれなりに積んでいても、こういう人は実は結構います。
 
 
ちょっといじわるな話に感じてしまうかもしれませんが、決して個人攻撃をしたいわけではなく。
この問題の本質は、なぜコロナ対策について考えて準備してきたであろう人が、その質問を想定していなかったのか?ということです。
 
 
もちろん、その場で答えられなかった原因はいくつかあるでしょう。
たとえば
・想定していたのとは違う質問だった。
・自分にはお子さんがいないので、お子さんのコロナ対策に対して意識していなかった。
・上司に指示されたことを私に伝えるだけの業務だったが、質問されたような内容は上司から聞いていなかったので答えられなかった。
 
でも、この原因の第一の問題は。
 
・仕事を自分ごととして、感じたり、考えたりしていなかった。
 
につきるのではないでしょうか。
 
 
もし、自分が明日お客様として打ち合わせに家族で行くとなったら?
もし、自分に小さな子供がいて連れて行くとなったら?
もし、自分が打ち合わせ後に商品に興味がわいてせっかくだからとショールームに見学したくなったら?
 
 
私は、何か仕事を請け負う時、仕事の依頼や指示は必ず自分の言葉になおして反復し、イメージや意識を持つようにしています。
これは、社会人新人時代から出来が悪く、怒られてばかりの人生だったので、間違えないように仕事をこなさなきゃと自分で工夫したことなのですが・・
自分の言葉で置き換え、感じ、考えるから、「これはこういうことですか?」と聞いたことに対して質問することが多いのです。
 
 
だからなのか、私は仕事をしているとよく「感性が豊かですね」と言われます。
感性を調べてみると、「物事の印象を受け入れる能力。感受性。感覚に伴う感情や衝動、欲望」、とあります。
 
 
つまり、感性とは、物事に対して感じたり、受け止めたりする感覚。
空想といいますか、イメージする力といってもいいのかもしれません。
ただ、仕事では感性を感じたままにしておくのでは意味がありません。
 
自分なりに理解して、感じて、イメージして、じゃあ何が必要かな、どうやってすすめたらいいかな、この後どうなるかな、と考え行動すること。
今にして思えば、これが、経験をモノにできるかできないかの分かれ目だったのではないかと思うのです。
 
 
失敗を分析して、じゃあ次どうすればうまくいくのか。
一つの事象を、これが原因だったんじゃないか。ひょっとしたらこれが原因だったのかも。
そんな気づきや感じを、思考に落とし込んで、行動してきたことが、私の経験を彩り豊かにしています。
 
 

インテリアの現場で求められる「感性」とは

よくインテリアコーディネーターは感性の仕事、と言われますが。
私は結構否定します。
それは、世間で言うところの「感性」とは、アーティスティックな感覚の話と思われがちだから。
それに実際のコーディネートセンスというのは、ずばり、知識や経験に基づく技術だから。
 
 
でも、感性の仕事という言葉には半分賛成でもあります。
それは、実際のインテリアの現場で求められる「感性」とは、「感じること、考えたりすることを仕事に活かす」能力だからです。
 
 
言われた通りにする、教わってないからできない、は、感性を生かしているとは言えませんよね。
むしろ、自分で感じる力を自分で消しているように思います。
できないなりに考えてみた、やったことないけれど結果から逆算して必要な準備をしてみた、このあとどうなるだろうと想像する感性が、明日のあなたを作ります。
 
 
インテリアの仕事は、日々いろんな業務の中でやったことがないケースやシチュエーションに多々出くわす仕事でもあります。
仕事の一つ一つを、感じ、考え、行動できるか。
 
 
一生懸命努力をしているのになかなか結果がでないと悩んでいるのであれば、感性を意識してみてください。
人は感じるから考える。
感じて、考えて、行う。
あなたの中の感性を意識することで、あなたの仕事は必ずアップデートされていくはずです。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会