「豊かな生活」とは何かをしっかり語れるICになろう

少し前、同業のICさんたちとお喋りしていた時。
あるICさんが
「”豊かな生活を提案する”とか”豊かな暮らしのお手伝い”ってよくICさんの自己紹介欄に書いてあるでしょ。
あれ、意味がよくわからないんだよね。何が豊かなんだろ?」
とぼやいていました。
 
今日は、ICさんがつい使ってしまう「豊かな生活」について、考えていきましょう。
 
 

字面はいいが、中身が伝わらない雰囲気言葉であることを覚えておく

フリーの経験が長い彼女は続けて言いました。
「豊かな生活ってさ、一見見栄えがよくて素敵な言葉じゃない?
けれど、それって薄っぺらい言葉だな〜って思ってたの。
 
すてきな生活、豊かな暮らし。
 
いろんなところでよく見るけど、雰囲気だけで言葉の中身が伝わってないよね。」
 
 
・・・確かに。
どきっとしたICさんも多いのではないでしょうか。
 
 
一見、すてきな言葉に見えますよね。
でも、「豊か」「すてき」の中身が伝わらない、何がどう豊かで、何がどうすてきなのか。
なんとなくの雰囲気だけの言葉では、お客様を引きつけ、納得させるのは難しいですよね。
そしてあなたのサービス内容も伝わりません。
 
「豊か」、「すてき」、「おしゃれ」といった言葉は、プロのICであれば使い方に注意が必要です。
 
 

豊かな生活とは何かをまずIC自身が発信する必要がある

私も彼女も、上の言葉を使ってはいけない、と思っているのではありません。
うまく使えば良いのに、生かしきれてない人が多いなと話していました。
 
 
もし、あなたが「豊かな生活」を宣伝文句にしているのなら。
 
あなたが考える豊かな生活とは何か、を主張するべきです。
 
なぜかというと、人それぞれ「豊かな生活」「すてきな暮らし」と考える尺度が違うからです。
 
 
人によっては、最新の家電に囲まれて快適便利な生活が豊かな生活だという方がいます。
人によっては、家族全員で過ごすよりもプライバシーを重視する生活を豊かな生活だという方がいます。
人によっては、ペットを買うのがすてきな暮らしという方もいれば、
無機質な空間の中でモノに支配されない生活が精神的に豊かな生活だという人がいます。
 
 
豊かな暮らしとは、人の数だけ、様々です。
だからこそ、あなたが提唱する「豊かな生活」や「すてきな暮らし」とは何なのかを
わかりやすく説明する必要があります。
 
 

暮らしを整えた先にあるもの。これがICの仕事の本質。

ICの仕事とは、生活が便利になったり、家にいることが楽しくなったり、
人や物の距離感がその家族に適したものになるためにあるようなものだと私は考えています。
 
部屋をおしゃれにしたい、整えたい、というのは、実はお客様にとって本当のゴールでは無い。
この仕事をしてきて、それこそ沢山のご家族の話を伺って、家づくりに関わって、わかってきたことです。
 
 
豊かな生活の先には、何が待っているのか。
おしゃれにした後、お客様の人生がどうなるのか。
快適に整えて本当は何が欲しいのか。
 
表面的なことだけでなく、お客様の真の願望や思いに目を向けて、
あなたの思いをこめた発信や提案をしていきたいものです。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会