インテリア業界が直面する2020年問題

このところの新型肺炎騒ぎで、日本中が揺れに揺れています。
もちろん、インテリア業界もご多分に漏れず。
先日はマスク問題について書きましたが、実はインテリア業界が直面している問題は深刻です。
 
 

商品が納品されない

すでに現場から話を聞いていますが、「発注した商品が納品されない」という事態がちらほら発生しています。
 
中国工場の稼働がストップしていて供給が極端に減ってきている中、本体商品が入ってこないという問題。
取り付けに必要な金具などの建材が中国工場で生産しているメーカーが多く、今発注しても納期は未定、となってしまっているケースが多数あります。
このためいったん、在庫がある部品で仮納品して、後日商品を取り替えにいく、という対応が実際に発生しています。
 
 

施工業者が押さえられない

そもそも2020年はオリンピックイヤー。
国の施設や設備に大量の職人を投入されているため、数年前から施工業者不足は深刻な問題となっていました。
また、千葉県では、人手が足りないことから、去年の台風被害で未だに壊れた家屋の修繕が完了していない地域もあります。
 
このようにただでさえ施工業者が極端に不足している中、今回のウィルス騒ぎは現場で集団感染のリスクも大いに上がっています。
職人さんが連鎖反応で休業せざるを得なくなると・・。
現場が動いていきません。
 
タフな方が多い現場の職人さんですが、くれぐれも体を大事にしてもらいたいですね。
 
 

一般のお客様にも現状をお伝えしていく

今春に引っ越しをする際に家電製品を発注する人も現在多くいることでしょう。
「なるべく安いところで、注文したい」と探している人もいると思います。
しかしながら、上記の関係で、春に施工予定だったものが遅れに遅れ、夏以降に納品となるケースも今後予想されます。
まず在庫が現時点であるかを確認する、納品日には十分余裕を持って発注する、施工や納品の人員が押さえられているか、といった点を、我々インテリア業界だけでなく一般のお客様にも早急に注意喚起をしていく必要があります。

 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会