しんどいから「向いていない」のか、「向いていない」からしんどいのか。

今まで新米ICさんから仕事に対する相談を受けてきましたが、よくある悩みとしては「仕事がしんどい」「仕事が辛い」ということ。
思った以上に仕事がハードだった、仕事で怒られることが多かった、休みがほとんど無かった、残業が当たり前だった、ということから転じて「自分にはこの仕事は向いていないのではないか・・」と絶望的に考えてしまう人が多くいます。
 
 

「仕事が向いてない」と思う大きな理由は、能力が足りないから

「この仕事、自分には向いてないんじゃないかと思います・・」という発言を分析してみると
・先輩や上司のように仕事がこなせない
・先輩や上司、お客様、現場から怒られたことで仕事に対する自信を失った
ということが多く挙げられます。
 
 
つまり、シビアな言い方をすると「仕事をこなす能力が足りない」ことの悩みが根本にあったりするんですね。
あなたはどうですか?
 
 
もちろん、「自分の能力が足りない」ということを認めたくない人も沢山いると思います。
いや、だって、違うよ、・・と瞬時に否定する人もいることでしょう。
 
 
でも、ここは冷静に客観的に考えてみてください。
もし、あなたに能力があったなら、周りの誰よりも仕事がこなせる状態のはずです。
もし、あなたに能力があったなら、怒られることもなく、自信を喪失することもありません。
その場合、「自分にはこの仕事に向いてない」と思うでしょうか?
 
 
私はあなたの能力が足りないことについて、非難したり否定しているわけではありません。
責めるつもりもありませんので、安心してくださいね。
 
また能力が足りないだなんて、恥ずかしくて人には言えないという人でも、自分の心の中で認めることは可能です。
まずは、自分の状況を冷静に把握して欲しいと思います。
 
 

「能力が足りない」から逃げる人はプロにはなれない

私は「能力が足りない」と己を認めることからプロとしての仕事が始まると思っています。
ですので、最初にちょっとシビアな問いかけをしました。
 
もし、「そんなことはない、私に能力が足りないんじゃなくて周りの環境がOOだから向いていないのだ」、と思うのであれば、厳しい言い方なのですが、環境を変えたところで向いてないことには変わりはありません。
 
このコラムでも何度も触れているように、インテリアコーディネーターは、名乗った瞬間からお客様にも現場の職人さんにも「プロフェッショナル」としてみられています。
 
プロの仕事とは、常に自分の至らなさ、未熟さに向き合う仕事でもあります。
勇気を出して、己がいたらない点、足りない点を、補うように努力し改善する必要があります。
そこを放棄して、周りの環境にうまくいかない原因を求めてしまうようであれば、環境を変えたところでプロとして仕事をしていくことは難しいように思います。
 
 

「能力を上げる」ことで自分が仕事にフィットする努力を

「能力が足りない」からなんとかしようともがくことでしか、成長できないわけですが、上でも触れたように、自分の能力が上がれば、自分には向いてないということで絶望したりショックを受けることが少なくなります。
 
そう、能力を上げることでしか、「向いてる」と思えないのです。
 
能力を上げるには、1日2日では足りませんよね。
半年、1年、2年・・・と時間がかかることを念頭に置きましょう。
自分自身がこの仕事に「向いている」と思えるには、「己の足りないところを知り、己の能力を上げる」ことが一番大事だということを、今「向いていないのではないか?」と悩んでいる新米ICさんに知って欲しいなと思います。
 
 
「向いてないから辞めよう」とすぐに自分を決めつけないでくださいね。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会