「起業」は目的ではなく、手段です

少し前、知り合いの女性から久しぶりに連絡がありました。
というのは、その方は、起業すると言って準備していたものの、数年ほど前に「数ヶ月やってみたけど全然集客できなかった。いったん辞めます」と連絡があり、しばらく連絡が途絶えていたのです。
聞けば、「ようやく起業できそう。ついては話を聞いて欲しい」とのことでした。
 
 
「いろいろ考えて決めました。小林さんのビジネスプランを真似することにしました」
カフェでお互い近況報告をした後で、彼女が言ってきました。
 
 
ん??
どういうことなのか一瞬わかりませんでした。
 
 
私「私のビジネスプラン・・・と、いいますと?」
彼女「ええと、以前自分で考えたビジネスプランは、人に言われてやってみたものの、実はそもそもそんなにやりたいことではなかったんです。そして、よくよく考えたら儲かるものでもなかった。
だから、小林さんのやり方を真似するのが早いと気づきました。だからどうやったらうまくいくか、いろいろと聞かせてください。」
 
 
内心驚きつつ、起業のネタは・・?と聞いてみると、一応考えてはいるがまだ決まっていないとのこと。
よくよく聞いてみると、「私の真似をする」ことを決めたということで、連絡をくれたとのことでした。
 
 
そこで、そもそも、今やろうと思っていることは自分がリスクを冒してまで本当にしたいことのか、やりたいことは起業という手段でないと叶えられないのか、を問うと、彼女は言葉に詰まって黙り込んでしまったのでした。
 
 

試行錯誤があるからこそ、うまくいく方法を見つけられる

「うまくいっているように見えるモデルを見つけて真似をする」
一見、これはうまいビジネスのスタート方法に見えるかもしれません。
 
が、その方法があなたにとってベストかどうかは、やってみないとわかりません。
しかも他にもたくさんの手段がある中で、うまくいっている人の二番煎じ、3番煎じをやってみたところで、結局真似している限りは淘汰されます。
表面的に他人の真似をしたところで、自分で考えて結果を出さない限りは、個人事業主の成果をあげるのはなかなか難しいところです。
 
 
彼女には
私だってトライ&エラーで進んできたのであり、あなたが知らないところでたくさん失敗している。
私のビジネスプランを真似たところで、あなたが失敗しないという保証はない。
表面的なやり方を真似しても、あり方が違うと、結果は全然違う。
という話をしました。
 
 

初期投資、かけすぎじゃない?

私が彼女の話を聞いて危機感を抱いたのは、「初期投資をかけすぎているんじゃないか」ということ。
起業経験のない知り合いのコンサルタントに大枚を払って何回も相談に行き、まだサービスが固まっていないのにホームページを数十万を支払い、企業紹介のパンフレットや名刺をデザイナーに発注するところだと聞き、毎月異業種交流会に数万円使って出ていると聞き、唖然としました。
起業前に軽く100万円を超えた投資をしている彼女は、一体いつどうやってその投資額を回収するのでしょうか。
 
 
起業した瞬間に、羽が生えたようにお金が出ていく生活が続きます。
サービスを買ってくださる方が出てくるまで、銀行通帳の額が増えることはありません。
異業種交流会は、自分自身のサービスを売り込みたい人たちが多く、彼女のサービスを買いたいという集団ではありません。
苦手だからとかセンスがないからできない、他人に任せたい、と言う前に、まずは自分で考え、作ってみることです。
 
 

ちょっとうまくいかないからといって投げ出さない

以前、彼女がやろうとしていたビジネスプランのことを聞くと「人にアドバイスされてやってみたものの、別にそんなにやりたくないことだと気づいたし、そもそも儲からないことに気づいた」とのこと。
 
起業は、100%自分の判断で仕事が動いていきます。
人にやってみたらいいよとアドバイスされてやり始めたということは、大事な局面を他人に任せてしまったということ。
だから、ちょっとやればうまくいくだろうと思っていたのに、実際はうまくいかなかった。
うまくいかなかったから、そんなにやりたいことではなかったという気持ちに気づいたのでしょう。
 
 
早く気づけて良かったねと思った反面、本音で向き合ってないんだな、覚悟ができていなかったんだなということを感じてしまったのでした。
人の意見でサービスの核に対して自信を失うのであれば、シビアに言えばその程度の覚悟だったのだということ。
ただやりたいだけならば、起業と言う手段でなくても良いのかもしれません。
 
 
起業って言葉は一見響きは良くかっこいいかもしれませんが、何もかもが不安定です。
売り上げがあがらなければ、収入が途絶えます。
集客ができなければ、サービスは存在しないのも同じことです。
今月あった売り上げがまた来月維持できるとは限りません。
 
その中でモチベーションを保ち、ビジネス活動を続けていくには、自分の中で絶対的にサービスに対して良いものだ、世の中の役に立つものだという自信を育てていく必要があります。
特に今までサラリーマン生活をしてきて、会社や上司が指示してくれることに慣れている方にとっては、自分でなんでも精査して決定を下さすことが非常にストレスフルになる可能性大と思った方が良いかもしれません。
 
 
そして、始めたビジネスが安定的に結果が出るまでには、数ヶ月、数年かかります。
それは、想定していた以上に長く険しい道のりです。
大事な赤ちゃんを育てるつもりで、気長に、辛抱強くサービスを愛していくこと。
自分のサービスに自信を持つことが何より大事です。
 
 
 
こう書くと、「起業することに否定している」ように見えるかもしれませんが、そうではありません。
私は、人はみんな、やりたいことをやって幸せに生きるのがベストだと思います。
やりたいことがあれば、どんどんやるべきと思います。
ただ、自己実現、といえば聞こえはいいかもしれませんが、くれぐれも起業をすることが目的にならないように、手段の一つとして考えてみてください。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会