「インテリアコーディネート」で仕事したい独立系ICさんに伝えたいスタンス

インテリアコーディネーターという資格を「独立」するための手段としている人に多く遭遇します。
それはそれで大いに応援したいところですが、仕事としてスタートしたときにうまくいかないで悩んでしまう人も多いのも現実。
今日は、「インテリアコーディネート業」を生業として独立したいICさんに伝えたい仕事のヒントをお伝えしたいと思います。
 
 

「インテリアコーディネート」で独立しているICさんに仕事が来ない理由

「インテリアコーディネートやってます」と看板を掲げてもお客様が集まらない根本的な理由。
 
ずばり、あなた自身のレベルや力量が伝わっていないからです。
 
あなたがいくらインテリアコーディネートが好きであろうとも、インテリアコーディネートが得意であろうと自負していても、それはあくまであなたの主観。
 
もしかしたら、客観的にお客様の方があなたよりもコーディネート技術が高い可能性もあります。あなたよりも商品を知っている可能せもあります。
そういう場合、お金を出してまでサービスを買いたいとはならないですよね。
 
 
そして資格を取り立てで独立するICさんがつい言ってしまうのは「インテリアが好き」「インテリアコーディネートが得意」という言葉。
 
覚えておいて欲しいのは、
プロならば、この仕事が好きなのは当たり前です。
プロならば、この仕事が得意なのは当たり前です。
お客様はその先のあなたの価値を求めています。
 
まず、インテリアコーディネート自体は誰でもできることだと自覚すること。
そして好き、とか、得意、といった個人的な思い(主観)を抜いたとき、あなたに残っているもので客観的に評価できること、提供できることは何かをぜひ考えて欲しいと思います。
 
 

アーティスト?クリエイター?多くのICさんが目指すべきスタンス

インテリアコーディネーターの仕事は、自分の思う空間を作りたい「アーティスト型」なのか、お客様の依頼に合わせて空間を作り上げる「クリエイター型」にわかれます。
独立したいとかインテリアが好きで資格を取ったICさんは「自分の好みの空間」を作りたい「アーティスト志向」が強い方が多いです。
 
それは、自分の自宅であれば問題ないでしょう。
ただ仕事という観点から見た場合、あなたが世界的に有名なインテリアコーディネーターだったり、あなたのセンスを買いたい、と言われるような技術や能力を持っていないのであれば、「お客様のご要望に100%答えられるクリエイター」を目指すべきです。
 
 
なぜかというと、お客様はそれぞれ違う生活環境と好みやセンスを持っています。
必ずしもあなたの好みがお客様の要望に合致するわけではありません。
お客様の要望に応えられてこそプロの仕事であり、対価が発生しますよね。
 
 

誰のための仕事なのかを考える

「好き」「得意」から入ってくる人は、どうしても自分の思いを一番に考えがちですが、常に考えるべきは「この仕事は誰のための仕事なのか」ということ。
 
誰のための仕事なのか、ちょっと考えたらわかりますよね。
お金を出してサービスを買ってくださる方のために仕事はあります。
 
 
伝え方が不足していたり、自分の思いを大事にするあまり、お客様に自分の価値観や好みを押し付ける形になってしまうICさんも多くいます。
結果、お客様が満足していないというケースや、不信感をもたれているケースも多く見聞きします。
 
 
 
せっかく好きな事で独立しようと思っていても、苦戦しているICさんは非常に多いのが現実です。
独立したいICさんは、客観的に己や仕事を見つめることを忘れないで欲しいと思います。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会