新米ICさんに覚えておいて欲しい、この仕事の本質

先日、ご新規のクライアントさんの事務所に行って打ち合わせをした時のこと。
家づくりの仕事において、我々インテリアコーディネーターはどうあるべきなのか、何をするべきなのかという話になり。
 
その際に、私は「この仕事は、価値を伝えるのが仕事」と伝えました。
今日はインテリアコーディネーターの仕事の本質についてご紹介したいと思います。
 
 

正直、ICがいなくても仕事は回る

このコラムを読んでくださっている皆さんは、おそらくインテリアコーディネーターの仕事をしたいなと思っている方か、もしくは今まさに仕事でがんばっている方が多いと思います。
 
そういう方たちに対してこの言葉を伝えるのは酷かもしれませんが、インテリアコーディネーターの仕事って、国家資格ではないので資格の有り無し関係なく、誰でもできるんです。
多くの設計事務所では、設計士や建築家がインテリアコーディネーターの役割を担っています。
お客様も自分で壁紙やカーテンを選べます。
 
また、多くの皆さんも、自分で模様替えはできますよね。
インテリアショップや家具屋さんに行って、コーディネートをすることは素人でもできますよね。
 
このように、インテリアコーディネーターの仕事は、シビアに言ってしまうと誰もができる仕事なのです。
 
 

選ぶのは誰でもできる。価値を伝えるのが一番大事な仕事。

正直言って、壁紙を選んだり家具を選んだりなんて誰がやってもできる仕事です。
そんな中でなぜインテリアコーディネートは対価がもらえる仕事なのか。
その答えが「価値」だと私は信じています。
 
ものの価値。
何にどういう価値があるのか。
 
それは、ものの成り立ちだったり、生産者やデザイナーの技術だったり、素材だったり、デザインの良し悪しだったり、商品の比較だったり、配色バランスだったり、質感だったり、配灯空間だったり。
価値はものの金額に反映されます。
価値を語れば、商品の選び方につながってきます。
 
ものや空間の価値を伝えているからこそ、お客様が納得して信頼した上でサービスを購入くださるわけです。
日頃から知識を積み上げることが大事と言っていますが、なぜ知識が大事かというと、ものの価値を見定め、提案するという仕事のベースに膨大な知識があるからです。
 
 
知識のない人は、ものの価値を伝えられません。
ものを扱った経験のない人は、ものの価値を伝えられません。
 
 

高額な買い物だからこそ「価値」を伝えることが大事

先ほども書いたように、世の中の多くの設計事務所や工務店では設計士がインテリアコーディネーターの役割を担当したり、またはお客様にカタログを渡して選んでいただく「セルフ式」です。
だからインテリアコーディネーターが関わる家づくりは「コーディネート料」が発生しますので、単価が上がります。
 
だからこそ設計士やセルフ式以上の存在価値をICは持たねばなりません。
それが、「ものの価値を伝える」につながってくるということです。
 
お客様は高額な料金を支払ってインテリアコーディネーターの価値を購入しています。
 
「ものの価値を伝えているか?」「どうしたら価値を伝えられるか?」ということを考えながらインテリアコーディネーターの仕事に向き合っていただければと思います。
 
 

 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会