善意のフィルターと悪意のフィルター、どちらをかけるかは自分次第

以前、冷たい口調でダメ出しをしてくる上司がいました。
その方は、普段から顔つきがピリッと引き締まっていてクールな印象。
あまり表情を変えずに間違いやミスをズバリと指摘してくるので、少々怖い存在でした。
 
 
でも、不思議と嫌われているとか嫌に思ったことは無かったのです。
なぜかと言うと、その上司は間違いやミスに対しては厳しく指摘するものの、その後でネチネチと感情的になることはなく、裏でミスした部分を黙々と挽回してくれていることに気づいたからです。
 
 
クールな物言いは、そこに感情を込めてもなんの生産性も無いと分かっているからでしょう。
相手が傷つかないように言い方に気を使いすぎると自分が疲弊するでしょうし、事実のみを伝えることで、お互いにとってメリットなのだ気付きました。
 
むしろ、間違いのまま仕事が進行しないように早めに手を打ってくれて行動してくれているから、結果的にチームの仕事は無駄がなく、社内でも頼りにされていることを知り、上司には信頼と尊敬の気持ちを抱きました。
 
 
そうなると、ミスを指摘されても感謝しかありません。
「ああ、なるほど!ここが間違えていたのですね。次回からは気をつけます。気づいてくださってありがとうございました」
と自然に言えるようになり、次第に上司も信頼してくださるようになりました。
私もチームを率いる時にはこのような人でありたい、と強く思わせてくださった、尊敬できるかっこいい上司でした。
 
 
もし、私の見方が違っていれば。
 
「なによ、あの冷たい失礼な言い方。もっと言い方あるでしょうに!それに人の粗探しばかりしちゃってさ。あの人に嫌われてるのかな。あの人って仕事はできるかもしれないけど友達いなさそう〜!怖いし嫌だなあの人と働くのは。仕事もつまんないしさ。」
なんて、上司への苦手意識や仕事への不満しかなかったと思います。
 
 
見方が違うだけで、同じ人でもこんな風に違った感情を抱きます。
これは、普段、他人に対してどのようなフィルターを通して見ているかによって変わってくるものだと思います。
 
 
善意のフィルターを通してみれば、この上司は仕事のできる尊敬できる上司です。
悪意のフィルターを通してみれば、この上司は仕事はできるが粗探しばかりの、他人に冷たい上司です。
 
あなたがどちらのフィルターを通して人を見るかは、あなた次第。
人の見方が変わることで、あなた自身も少し生きやすくなるということを覚えておくと良いかもしれません。
 
 

 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会