外反母趾でつらい新米ICさんにすすめたい、仕事靴

私はもともと外反母趾気味でしたが、さらに腰痛をともなって変形・悪化したのはインテリア業界に転職してから。
 
というのは、最初に入ったインテリア事務所では、「3cm以上のヒール靴にスーツ」が義務付けられていました。
それまで勤めていた会社ではビジネスカジュアルが許されていたので、それまでジーンズにこだわりのスニーカーを合わせて仕事をしていた私にとっては、履きなれない上に足が痛く・・。
 
室内履きが認められてなかったので毎日ヒールで事務所の階段を上り下りしてアートを運んだり雑用をしたりするうちに、外反母趾が悪化。
あたって赤くなっていたところから、どんどん足の指が曲がっていき、腰痛もひどくなっていきました。
 
 
困って、外反母趾対応の靴を探したのですが、もともとヒール靴のデザインが好きではなかったのに加えて外反母趾対応の靴ということで、お金を出して買おうと思えるようなデザインの靴がなかなかなく、仕方なく選んだヒール靴をずっと履き潰すような状態でした。
 
こまめに手入れはするものの、靴は古くなってすり減るわ、足はさらに痛むわで、かといって靴屋さんで新しい靴を探したところで、また新しい靴に苦しむのかと思うとためらってしまい・・・。
 
 
外反母趾に強い地元の靴屋さんや病院にも何回かいきましたが、治療院で数万円かけてしつらえてもらった靴の中敷を、靴屋さんが「一体なんでひどい中敷を作ることになったの?こんな中敷してたら絶対に悪化するに決まってる」とボロクソに吐き捨てられ、靴屋さんでもっと高い中敷をすすめられたりもしました。
 
今から思えば、靴屋さんは、自分たちは靴のプロだという自負があったのでしょう。
でも、自分の思いや価値観を伝えるにあたり、他社の悪口や批判をしたことで、結果的にお客様である私の否定につながりかねない言葉でした。
 
結果的にそれまで信頼して治療に通っていた治療院から足が遠のき、都内で別の専門の病院に診てもらうことに。
予約がなかなか取れずに半年後の予約になったのですが、後日靴屋さんに伝えたところ「そんな病院知らない、自分はOO病院しか信用していない」なんて言われまして。
靴屋さんに対してもなんだか恐怖が芽生えて、靴屋さんにも行かなくなりました。。
 
 
私自身、何をどう信じていいかもわからなくなっていました。
痛くない靴が欲しいのに、探したいのに、靴が苦手になる一方でした。
 
 
そんな中、どうしても靴を探す必要に迫られて。
思い切って地元ではなく外反母趾に強い靴ブランドを新規開拓することにしました。
ネットで検索した結果、上野周辺にこうした靴のブランドが多いことを知り、打ち合わせの帰り道、上野駅へ。
いくつかのお店で見定めた靴を試着するものの、うーーーーん・・足がいたい・・
これは自分の好みではないなあ・・・
と絶望しか買っていた中、ようやく巡り会えました!
 
 
RANDA
幅広い3Eタイプでかっこいいおしゃれな靴を多数展開しており、何より店員さんが親切。
痛くないか試し履きにも辛抱強く付き合ってくださり、わがままな要望にも一生懸命対応してくださりました。
店頭で一目惚れしたシューズがあり、試し履きした瞬間、痛くない・・・!と感激。
即決で購入したほか、パンプスも2足買いました。
 
自分にしてはこんなに気に入った靴があったというのは珍しいことで、ようやく巡り会えたな〜という気持ちでいっぱいです。
 
 
もし、外反母趾の方でかっこいい靴選びに悩んでいる方がいましたら、ご参考までに。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアで、インテリアのプロによる、現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会