新米ICが押さえておきたい、建築/室内インテリアのスマホ撮影方法

建物の外装や内装写真を撮る時、
なんだか綺麗に撮影できない・・
そもそも画角に撮りたい室内や建物全部がおさまらない・・
という悩みを抱えている新米ICさんは多いと思います。
 
おそらく新米ICさんの多くは、お手持ちのスマホで撮影しているケースがほとんどではないでしょうか。
今は「写真撮影しよう」となるとスマホでパシャ、の時代だから、写真の出来栄えよりも手軽に撮影できることを優先してしまいがちです。
 
 
住宅や建築を撮影する場合、画角の広い「広角レンズ」を用いたカメラを使用するのが一般的です。
一眼レフで広角レンズに取り替えて撮影すると、タイトな室内空間も隅々まで撮影できるのと、綺麗に撮影できるため、私も一眼レフ+広角レンズを持っています。
でも、一眼レフで広角レンズとなると値段が高いので、なかなか手が出せないという方も多いのでは。
勤めている会社で広角レンズの一眼レフを持っていればそれを使用できますが、個人で活動されているICさんだとなかなか大変です。
そこで、新米ICさんでもスマホで建物の外観や室内写真をきれいに撮影できるアイデアを今日はご紹介したいと思います。
 
 

グリッドガイドを設定する

建築写真の基本は、垂直水平を意識して撮影すること。
建物の外観や室内の構図を決めて撮影するには、垂直水平を確認できるグリッドガイドを設定しておきましょう。
iPhoneは、「設定」の中の「カメラ」で「グリッド」をオンにすることで、画面にうっすらと水平線垂直線が表示されます。
Androidの場合は、カメラ機能の中にある歯車のマークまたはスパナのマークから設定ができるようです。
建物を撮影する際には、最低限、このグリッドガイドだけは設定しておきましょう。
 
グリッドガイドを設定したら、壁の垂直線をグリッドガイドに合わせて撮る、床の水平ラインをグリッドガイドに合わせて撮ることを意識してみてくださいね。
 
 

広角レンズのアプリをインストールする

一番手っ取り早いのは、スマホに広角レンズのアプリをインストールすること。
私はiPhoneユーザーなので、広角レンズ(Wide angle lenz)のアプリがないか探してみましたが、どうやら現時点ではiPhoneでの広角レンズアプリは残念ながら無いようです。(魚眼レンズのアプリはいくつかあるんですけれども・・!)
 
Androidの方は、googleカメラをインストールすることで広角レンズの機能を使えるようです。ですのでAndroidユーザーの方はgoogleカメラをいれておきましょう。
 
 

別売の広角レンズをスマホに装着する

iphoneだから広角レンズのアプリが入れられないとお嘆きのあなた。
スマホにクリップで装着できる広角レンズもあります。
スマホ用カメラレンズ クリップ式レンズ 広角レンズ マクロレンズ 自撮りレンズ – Luxsure Apple Android 全機種対応 簡単装着 ローズ型2in1 二年保証
 
ちなみに、百円ショップにもクリップ式の広角レンズがあるので試してみましたが、装着に難ありで狙っていたようには撮れず。
個人的には百円ショップの商品はおすすめできません。
 
 
建築やインテリアの撮影の仕方はなかなか知る機会ははないと思いますが、上のポイントを押さえることで写真に見栄えが出てきますので、まずは準備してみてくださいね。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会