相手にあわせた言葉のチョイスが大事

先日、お客様との打ち合わせで、室内の寸法をお示しする際に、何気なく「壁面から追ってOOセンチ離したラインが設置場所としておすすめです」と言った際、ご夫婦ともにきょとんとされ。
 
「カベヅラ?」「追う?ってなに?」
 
あわてて「失礼しました。壁の表面から測ってOOセンチ離したこのライン上が設置するとおすすめという意味です」と説明をしたのですが、ご夫婦ともに、壁面?追う?と、聞き慣れない現場の用語に戸惑われていたようでした。
 
 
新米ICさんも、お客様と同じように今の言葉に違和感を感じた方はいるかもしれませんね。
現場ではよく飛び交う現場の用語というものがあり、言われた時に意味を理解できるよう慣れておく必要があります。
用語に自信がないな〜という方は、こんな用語集も出ていますので勉強してみましょう。
超図解でよくわかる建築現場用語完全版 建築知識編
 
 
ただ、現場用語は、現場での話。
お客様とやりとりする際は、お客様が理解できるように表現を「お客様仕様」に変えていく必要があります。
「どうしたら目の前の相手に伝わるかな?」ということを常に意識しながら、説明力や提案力を磨いていきましょう。

 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会