苦戦している若手世代や男性の新米ICさんがやるべきこと

「女のくせに生意気」
「おばさんや若いお姉ちゃんはどうせ使えない」
日本で働いている女性は、いまだに年齢や性別で信頼を勝ち得ることが難しいという経験をしたことがあるかと思いますが、インテリア業界に限っては事情が異なります。
特に性別でいうと女性インテリアコーディネーターの方が、男性インテリアコーディネーターよりもお客様から圧倒的に信頼を勝ち得ることが容易な業界です。
 
 
私は今まで男性インテリアコーディネーターが男性だからという理由で
「男性に家事を語られてもねぇ・・」とか
「あなたに言ってもわかってもらえないだろうから、女性のインテリアコーディネーターに変えてください」
と正面から言われてしまう場面を何回か見てきました。
お客様は「どうせこの人にはわからないだろうから」という視点でおっしゃっていますが、これは立派な性差別です。
 
 
また、女性だから信頼されるかというと、そうでもありません。
特に20代のインテリアコーディネーターや30代のインテリアコーディネーターは、お客様よりも年下であることが多く、お客様の信頼を勝ち得るということがなかなか難しいように見えます。
私自身、40代になってからの方が初対面で信頼されているなと感じることが多々あります。
 
 
性別や年齢で評価が変わるなんて、私も非常に悔しいですが、日本は「女性は家で家事担当」という文化が長いために、家事や子育て経験の少ない若い世代や男性のインテリアコーディネーターはとにかく不利です。
 
お客様(特に女性のお客様)は何も言わなくても、こちらの年齢や経験を推し量っており、我が家を任せていいだろうかというチェックの目で、若い世代や男性のスタッフを見た目だけで過小評価しがちなのは、非常に歯がゆく感じています。
 
 
ただ、言いたいのは、「だからダメ」なんかじゃないということ。
 
 
若いからダメなの?
男性だからダメなの?
違います。
最初から「このICさんは無理」と色眼鏡で見られてるのは非常に不利ですが、でも、その不利な点を覆す方法が一つあります。
 
 
それは「知識」。
女性で若い世代のICさんや男性のICさんは、40代の女性ICさんより3倍、商品知識を積み上げることを意識してください。
理由は簡単、あなたが他のICさんよりも知識が豊富であれば、必ずお客様は耳を傾けて下さいます。
 
 
それに「40代で女性だから信頼されている」ICさんは、苦労なく信頼を勝ち得ているパターンが多いですが、その人たちはその立場に甘んじて知識の積み上げを怠っている人が多いです。
商品知識も無くなんとなくの勘や素人の感覚で打ち合わせしている人も多いです。
 
だからこそ、あなたは知識量で差をつけてください。
苦労して得た知識は、あなたを裏切りません。
若手だろうが男性だろうが、知識は必ず「持たざる者」のあなたを助けてくれます。
ひるまずに、知識の貯金をしていきましょう。
 
 
若手だから信頼されない。
男性だから信頼されない。
自分ではどうにもならないことで悩んでいる新米ICさんは、覚えておいてくださいね。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会