「壁を登る」の繰り返しです

新米IC時代は、「あぁ、なんでできないんだろう」と自分の無力さ、能力の無さにしばしば絶望し、悲しくなったものでした。
私は人より不器用だったから、人一倍悩んでいたと思います。
でもそこから、自分に足りないものを見つめ、とにかく知識を増やすこと、失敗上等で経験を積むことを決めました。
今の私は、その過去の積み重ねからできています。
 
今の私は、多少の知識や経験が付いてきましたが、でも心の中では変わっていません。
やっぱり「ああ〜、まだまだ未熟だな・・」とか「こういう時はどうしたらよかったのだろう」と思い悩むことは日々あります。
 
そう、仕事をしていると常に壁が立ちはだかってくるのです。
低い壁はなんとか登れても、次々にもっと高い壁が目の前に立ちはだかります。
目の前に立ちはだかった壁に落ち込んだり、呆然としたりなんてしょっちゅうです。
でも、気持ちを落ち着けて、どうやって登ったらいいかと壁に目を凝らし、登るルートがないか、どこかに踏み台はないかと周りを見渡してとにかく登ります。
 
 
インテリアの仕事って、この繰り返しです。
 
 
一つとして同じ案件はないので、いつも何か新しい事件が起こり、悩み、必死に解決を探ります。
 
でも、中には、壁を見た瞬間にやる気が失せて後ずさりしてしまったり、怖くて一歩踏み出せなかったり・・。そんな新米ICさんも多いです。
 
 
でもね。
高い壁を見上げてため息ついているのは、あなただけじゃないんです。
「こうなったら登ってみよう!」とか「どうしたら登れるかな」とか「別の壁から先に登ってからここを制覇しよう」なんて考えている人がたくさんいます。
 
 
あなたはどうですか?
一つの壁を登れなかったくらいで、壁に登るのを諦めますか?
あといくつ壁を乗り越えれば自信がつくのか、果てしない不安がありますか?
あともう少しで壁をクリアできるところで「わたしには向いてない」と落ち込みますか?
 
 
向いている向いていないなんて、捉え方一つで武器にもなるんです。
苦手だ、向いていないことには、必ずチャンスが転がっています。
壁にぶち当たった時にこそ「思考」をするからです。
 
 
だから、壁はあなたにとって本当の意味でのチャンス。
そして、この仕事をしている限り、次のステップに向かうために必ず壁はあなたの前に立ちはだかってくることを知っておきましょう。
 
 
大事なことは、壁とどう向き合うかです。
今壁に苦しんでいる新米ICさんは、覚えておいて下さいね。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会