「最初の壁」につまづいてしまった新米ICさんへ。

わからないことを他人に質問できない新米ICさん。
おそらく「そんなことも知らないのかと思われたくない」「恥ずかしくて他人に聞けない」というプライドが邪魔をして、質問できずにいたのだと思います。
 
 
初めての独り立ち案件。
打ち合わせ前に、緊張した顔をしていたので「大丈夫?わからないところがあったら今のうちに聞いてくださいね」と声をかけましたが、その時も「大丈夫です」と短く一言。
案の定お客様にわからないことを質問をされて固まってしまい、半泣き状態で事務所に帰ってきました。
「最初は誰だってわからないことだらけで大変なのだから、そんなに落ち込まないで大丈夫」と声をかけたのですが、数日後、この新米ICさんは退職願を出して逃げるように会社を辞めていきました・・・。
 
 
こういう「最初の壁」を乗り越えられずに挫折して去っていく新米ICさんを何人か見てきているので、そのたびに苦しい思いを救ってあげられなかったことに胸が締め付けられます。
 
そもそも、最初の壁を一人で難なく登って乗り越えた新米ICさんを見たことがありません。誰もがつまづいたり、予想以上の苦戦をしいられます。
「私には向いていない仕事だった」と言って去っていく人のほとんどが、1回や数回の挫折で辞めていくパターンが多いです。
 
 
わからないこと。
初めての人は、わからないこと・できないことだらけで当たり前です。
ただ、わからないこと・できないことが問題なのではありません。
「わからないこと」がわかった時点で、「できないこと」がわかった時点で、どうしたら自分は前に進めるかを考えた人だけが前に進めるのです。
 
その際「自分には足りないことがある」ことを否応なしに突きつけられるわけですが、この悔しさや恥ずかしさ、悲しさをエネルギーに変えられるか変えられないかが大事なんだなということを最近よく感じています。
 
 
最初の壁。
誰にでもあるこの試練をどう乗り越えるか。
自分の至らなさに向き合う勇気があるか。
 
 
結局、前に進むも引き返すも自分次第。
 
 
でもね、人生は後ろには戻れないから。
常に前に進むしかないから。
だから、勇気を出して前を向いてみましょうよ。
壁を乗り越えられる人は、壁に正面から立ち向かった人だけですから。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会