新米ICさんは失敗で落ち込みすぎてはいけない3つの理由

大抵の新米ICさんは、ミスをして上司や先輩、設計士や営業マン、現場の職人さんに、何かを失敗して怒られた経験はお持ちではないでしょうか。
 
怒られるというのはいつになっても嫌なものですね。
なかには数年たっても思い出して赤面してしまうような大失敗もあります。
 
自慢ではないけれど、私だって失敗の嵐です。
でも、失敗して学んで、そこから前進しています。
 
でも、中には失敗をどうしても受け入れられずに落ち込む新米ICさんも多くいます。
まあ多少は落ち込むのは仕方ないとしても、落ち込みすぎて立ち直れない人も結構います。
眠れなくなってしまったり、ストレスで体調を崩してしまったりしては、せっかくインテリアコーディネーターになれたのに、もったいないですよね?
今日は新米ICさんが落ち込みすぎてはいけない、3つの理由をご紹介します。
 
 

失敗は「次に活かせる貴重な教訓」である

経験豊富なICさんであればあるほど「あの時こんな失敗しちゃってさぁ」というエピソードを多数持っていますし、話に出てくるものです。
 
経験を積むと、起きたこととは「教訓」だと思えばプラスに活かせるようになります。
印刷しておいた資料が人数分無かった、という失敗だったら、次から必ずセットするときに数を確認しておこうという気づきにもなります。
 
次に活かせれば、失敗は貴重なチャレンジだったことに気づくでしょう。
その失敗があったから今がある、というように前向きに考えること、がとても大事です。
 
 

正直、落ち込んでいる暇はない

一回落ち込むと、この世の終わりのようにどよんとふさぎこんでしまう新米ICさんもいますが、正直いって「そんな暇はない」んです。
落ち込む暇があったら、少しでもその失敗をリカバリーする方法を考えましょう。
 
あなたが、悩んでも落ち込んでも、すでに起きた失敗は変えられません。
でも、起きたことをどうリカバリーするかはあなた次第です。
 
 

落ち込むよりトラブルに耐えられる思考回路を身につけよう

人間は予想外の出来事に対して恐怖を感じたり不安を感じすい生き物。
失敗すると怒られる、迷惑がかかる、といったところからも不安になる人も多くいますが、身につけて欲しいのは「トラブル耐性」。
 
起きたことはまずいったん感情抜きで事実だけを受け止めましょう。
そこから、じゃあどうすればよかったのか、自分は何ができただろうか、もしまた同じ失敗に遭遇したらどうすればいいか、を考えるようにします。
そうすることでトラブル耐性があがっていきます。
 
自分の「恥ずかしい」「不安だ」「OOさんのせいだ」「なんで私ばかり」といった負の感情を優先的に考えてしまうと、いつまでたってもトラブル耐性が上がりません。
まずは、事実を客観的に受け止めることで失敗に強くなりましょう。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会