「なにしとんねん」ツッコミ必至のパリのファサード

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rue_de_Crim%C3%A9e,_97bis.jpg
 
パリの街を歩いていると、しばしば「なんだあれは?」とびっくりするような建築があります。
この写真は、パリの街で左官職人と木工職人の彫刻さんが今まさに建物を仕上げているところです。
晴れの日も休みの日も黙々と仕事を続ける職人たち。
職人の鑑やー!いや、いつまで仕事やっとんねん!
 
 
これは、アトラス(男像柱)と呼ばれる建築に飾られた彫刻で、約200年ほど前からパリの建築にはアトラス以外にもマスカロン(怪人面)やカリアティード(女人柱)が建築のファサード(入り口)デザインとして設置されています。
美術と建築が非常に近い関係にあることをうかがわせるものですね。
 
  
パリの街には、よくみると不思議な柱や彫刻が建築と同居しています。
ルーブル美術館の彫刻群よりもある意味個性的なパリのファサード探検がしたい方は、ぜひお声がけください。
一緒におもしろファサードを探しにいきましょう♪

 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会