独立したいICさんは、収益性の視点を磨こう

新米ICさんからの相談に多いのが
「将来的に、一般のお客様のお部屋の家具やカーテン、小物などをコーディネートする仕事を専門にやっていきたいです」という内容。
おそらく「インテリアコーディネート」として一番イメージしやすいのだと思います。
 
それはそれでやってみるとわかると思うのですが、これって、インテリアコーディネーターとしての収益性が非常に低い仕事なんです。
なぜかというと、素人のお客様自身も自分でできてしまう仕事だから。
 
 
みなさんも、別にインテリアコーディネーターでなくても部屋の家具を買いそろえたりカーテンを買ったりしていますよね。
しかも、こうしたものを買いそろえたりコーディネートを考える作業が楽しいと思いませんか?
 
 
ということは、あなたがやってみたい仕事は、お客様も楽しみにしている作業だったりします。
 
つまり
「お客様の楽しみを、あなたがお金を頂いて請け負う」
ということは、仕事を獲得する上でかなりの難易度です。
 
 
お金を払って他人のあなたに自宅のインテリアコーディネートを頼みたい、という人は、どういう人がいるでしょうか?
おそらく、
・よほどのお金持ち
・インテリアのセンスに自信がない人
・あなたの仲良しの人
・有名でセンスのあるインテリアコーディネーターであるあなたのファン
・あなたのコーディネートフィーが他社に頼むより安い
のどれかです。
 
そう考えると、現実的には、このビジネスで収益をあげていくのは難しいですよね。
ちなみに、よほど修行中とか駆け出しでない限り、無報酬で、とか爆安価格で請け負うというのはプロの仕事としてはおすすめしません。
プロである以上、お金や何らかの報酬(少なくとも経験や実績など)を得て仕事をすべきです。
 
 
とはいえ、別にインテリアコーディネートの仕事に希望がないわけでもありません。
 
 
詳しいやり方としては「現役インテリアコーディネーターが語る、インテリアの仕事の実際」セミナー(7月7日開催予定)のセミナーで触れたいと思いますが、たとえば、いわゆる、B to C(個人のお客様向けのビジネス)になりがちなインテリアコーディネートビジネスをB to B(企業向けのビジネス)という視点に変えることで、活路を見出すこともできます。
 
 
私は、独立したものの収益を上げられずに行き詰まるインテリアコーディネーターさんも多く見てきました。
独立して収益を上げていくには、「お金を払ってでもあなたのサービスを受けたい」と思っていただけるお客様を一人でも増やすことが大事です。
将来的に独立したい新米ICさんは、独立のために必要な「収益」についてや、磨くべき視点をしっかり身につけていきましょう。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会