小さな美味しさ*自家製バジル

先日からコラムに書いている通り、現在我が家では食べられるハーブを育てています。
5月上旬に植えてすでに初収穫したパクチーに続き、まだ早いんじゃないかというツッコミの中、バジルも収穫してみました。
 
 
今まで私は、収穫となると上のフサフサの葉っぱたちをむんずとつかみ、葉の根元から一気に切り落として収穫していました。
でもそれだと次に葉を収穫するまでに時間はかかるし(しかもシーズンエンド気味で次の葉が硬くなる・・)、何より収穫の楽しみが一回で終わってしまうなぁと思っていました。
 
今年はyoutubeでバジルの育てかたや葉の収穫の仕方を事前に予習しているので、キッチンハサミ片手に葉をちょいちょいと。
まだバジル幼稚園はよちよちな子ばかりですが、本葉が出て2節ほどあれば問題ないとのこと。
そして、バジルの葉は下から収穫するんだそうです。これは目から鱗!
 
 
ということで、まだ2〜3cmの小さなバジルの葉をどうしようかと考え、この分量であればとボロネーゼソースを作ることに。
ぶたのひき肉と玉ねぎのみじん切りを炒めて、トマト缶がなかったのでトマトジュースやケチャップで煮込んで味付け。
超適当ですが、トマトジュースを投入して煮詰め出してからパスタ用のお湯をわかし、パスタでできあがり。
事前にボロネーゼソースと和えてもよかったですね。
残ったソースはホーローの容器に移したので、明日はフォカッチャやピザを焼いても楽しめそうです。
 
 
肝心の初物のバジルたちは、思っていた以上に肉厚、味が濃厚で驚きました。
都会の小さな小さなベランダで、しかも水耕栽培で育てているバジルですが、しっかり太陽を浴びて根を張って生きているんですね。
小さいお手手を精一杯伸ばして生きる、バジルたちのたくましさが愛おしい限り。
 
 
仕事で忙しくしていると、日々の小さな喜びや変化に気付きにくいですが、これからも、日々の楽しいことや幸せを皆さんにも共有できたらと思います。
 
 
大量収穫したら、バジリコペーストかなっ♪♪
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
毎月3,000円で学べる!新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<隔週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
2019年10月にフランス・イタリアで現地業界視察や市場調査のコーディネートを行います。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会