不平や不満が増えてきた新米ICさん、今がチャンスの時です

「あ〜、今月もまた終電で帰宅してるなぁ・・・」
「このやり方、いつまで昭和なの?」
「会社は現場をわかってない!」
「もっと打ち合わせの仕事がしたいのに、いつまでも下働きのまま・・」
 
な〜んて愚痴、最近増えてるな・・と思っている新米ICさん、いませんか?
だとしたら、あなたがあるチャンスに差し掛かってきているということです。
 
 

「環境や仕事に慣れてきている自分」に気づこう

仕事が決まって働きだした頃は、何もかも新鮮だったと思います。
そこには、感動や不安や期待がありました。
 
こんな世界があるんだ!こんなすてきな空間で仕事ができるんだ!私、できるかな?
 
・・・でも、慣れてくると、世界が見慣れてきたり、自信がついたり。
そういう時に、
飽きたなぁ・・とか、
なんでこんなやり方なんだろう、もっといい方法ないかなぁ・・とか、
「自分の意見」が出てくるわけです。
 
まずは、こうした不平や不満が出てきた時には成長の証と思ってください。
「少し環境や仕事に慣れてくるまで、結構頑張ってきたんだな」と自分を認めてあげましょう。
 
 

外に出てステップアップを目指すのか、もう少しこの環境で経験値を積むのかは、自分次第

自分の前進を少しでも認めることができたなら、問題は次です。
「その不平不満を、どう捉えるか」です。
 
もはや終身雇用制の時代ではありませんし、シビアなことを言ってしまえば、あなたがやっている仕事は「どうしてもあなたがやらねばならない」仕事ではない可能性が高いです。
会社のことを心配せずとも、企業には他にもできる人材を探すことができますから。
だから「私がいなければこの仕事は回らない!」は一回置いておいて、あなた自身のことを考えてみましょう。
 
不平不満があるということは、少しでも以前のあなたからステップアップしてきているということ。
だから、そのステップアップを今の環境外に求めるのか、それともその環境下で自分の身に着けたい技術や経験値をもう少し積むのか。
どういう選択肢を選ぶかは、あなた次第です。
 
ただ、覚えておいて欲しいのは、自分自身に矢印を向けることで、今ある不平不満はいくらでもチャンスに変換できるということです。
 
 

悩んでいるなら、「期限」を決めろ

そうはいっても、答えが出ない人もたくさんいるでしょう。
せっかく狭き門を突破してインテリアの道に入れたんだし。
次に仕事が見つかるかわからないし。
もしかしたら自分はここで昇進できるかもしれないし。
 
・・・でもなぁ・・
という場合は、「期限」を決めてみましょう。
 
例えばですが
「来年の3月までこの状況が続くと仮定して、4月以降自分はどうなっていたい?」とか
「あと3年、この状況でがんばろう。」
「半年後のボーナスまで様子を見よう」というように、どっちつかずの場合は、いったん「現状を維持する期限」を決めてみましょう。
 
期限(終わり)を意識すると、自分はどうしたいのかを具体的に考えるようになります。
また、もしステップアップを目指すなら、それに向かって今自分が何をするべきかも見えてきます。
もしかしたら、一度決めた「期限」は延長するかもしれません(それはあなたの自由です)。
でも、期限があるかないかで、あなたの「どうしたい」は具体的な願望になり、目標になります。
 
 
今の現状に、不平不満のある新米ICさんは、チャンスと思って自分自身の思いに目を向けてみましょう。
どんな答えでも、あなたにとっては、正解のひとつです。
不平不満が自分の人生を前向きに創造するきっかけになりますように。
 
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<毎週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアの家具・雑貨の輸入輸出。商談や業界視察のコーディネートをやっています。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会