アメリに見る、幸せの気づき方(Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain)

写真は、パリのモンマルトルのサクレクール寺院からの景色です。
モンマルトルはパリを一望できる、小高い丘なんですよ。
連休中ということで、先日見た映画「アメリ」の感想でも。
 
 
2001年のフランス映画で、国民的大ヒットを記録した本作「アメリ」(原題はLe Fabuleux Destin d’Amélie Poulain アメリ・プーランの幸せな運命)。
ーーーパリに住むコミュ障で夢見がちな若い女性アメリが、「喜ばせる」ことで人は幸せになるということを知り、彼女の周りの人々に小さないたずらを仕掛けていくストーリー。
やがて、アメリはやぶれた証明写真を集めるのが趣味にしている青年ニノのことが気になりだすが、内気なアメリは面と向かって好意を伝えることができず、謎めいたメッセージをニノにこっそりと送り続ける。
美しいパリの街を舞台に、周りの人を幸せにすることを覚えても、内気で一歩前に踏み出せないアメリが巻き起こす、ロマンチックラブコメディーーーー
 
 
亡くなった母がこの映画好きだなぁと言っていたけれど、当時の私はどうもこの映画のポスターが苦手で。
緑をバックに青白いアメリのぞっとするような目ヂカラがちょっと嫌で、観たことがなかったんです。
今回はAmazonプライムビデオの特典で視聴できることを知り、そういえば見たことないな〜・・と先日なんとなく視聴。
主演のオドレイ・トトゥは「ダビンチコード」でヒロインの女性を演じ、今や世界的な女優になりましたね。
 
 
パリの東駅や北駅、モンマルトル、サンマルタン運河、水道橋、メトロのAbbesses駅、ルノワールの絵画、カフェが出てきて、パリのいいとこどり映画。
フランス映画特有のちょっとわかりにくい描写が多いので、少し難解というか中盤しつこいな、長いな・・と思うものの、概ね楽しめました。
以前宿泊したホテルの近くがAbbesse駅の近くのPigalle駅で、あの辺そういやポルノショップやセクシーショップが多くて目のやり場に困ったな〜、とストーリーに親近感を抱きました。
そういえば、10年ちょっと前に母とパリに行った時、一緒にサンマルタン運河を散歩したことがあったっけ。
パリに行ってみたい人、パリが懐かしい人にはおすすめです。
 
 
フランスでこの映画が上演された時のキャッチコピーが「幸せになる」でした。
幸せになるっていう状態はどういうことなんだろう、と考えた時に、多くの人は「愛情に包まれること」を考えるでしょう。
ということは、幸せの反対とはなにか。
私は、愛情の反対は無関心だと考えます。
良くも悪くも他人に関心を寄せられないのは、存在が認められていないのと同じことですから。
 
 
前半、アメリは、不幸せな状態にいたと言えます。
両親から「愛された」「受け入れられた」という記憶がないアメリ。
自分以外の他者とのコミュニケーションが極端に不足し、他人の情緒と触れ合うことのないままアメリは成長しています。
アメリは「自分のことを気に掛ける人はいない」と感じています。
幼い頃からそうだったゆえに、アメリは自分自身の空想の世界を大切にしていました。
だからこそ、自分の行為によって誰かが喜んでいると思えた出来事は、アメリにとって、自分の存在を肯定され存在を大切にされたと同意義の新しい自己承認になりました。
そこから、アメリの「やりすぎじゃない?」と思えるような「人を幸せにするためのいたずら」の数々が発生していくわけです。
 
 
でも、アメリは気づきません。
アメリにとっては、周りの人たちは自分に無関心のように思えました。
けれど、周りの人たちが、アメリのことを気にかけてくれ、応援してくれていたことを。
周りと打ち解けられず周りは自分に関心がない、と思っているのはアメリだけで、実はアメリは周りの人たちに温かく見守られていたってことを。
 
 
ルノワールの絵を模写し続ける画家のアメリへの精一杯の応援と、カフェの同僚の女性がニノがアメリにふさわしい男性かどうかを確かめるようなテスト。
アメリが人の幸せを願う以上に、彼らもまたアメリの幸せを願い、彼女を応援していたのでした。
 
 
まさに、幸せって、周りの人と紡いでいくものなのだなと考えさせられました。
幸せってなんだろう・・と思った時に、おすすめの映画です。
 
 
アメリのいたずらは少々度がすぎています笑
お父さんのガーデンノーム(庭にあった小人の置物)が、アメリのいたずらで「世界旅行に出る」ことに。
お母さんがなくなってとじこもりがちだったお父さんが、ガーデンノームが「帰宅した」のを見つけて、ある場所に向かうシーンがあります。
その姿は、人は何歳になっても、本人がのぞめば変われるんだなと思えたシーンでした。
スーツケースをもって庭の門を閉めたお父さんの後ろ姿、タクシーを呼び止めたなにげないシーンに、ああ言葉はなくても体で気持ちを語れるいい俳優さんだなと感心しました。
 
 
人生には様々な課題があります。
でもその答えは、たいてい自分の中にあるのですね。
 
 
最後のシーンは、ローマの休日のオマージュでしたね。オドレイ(Audrey)だっただけに。
 
 
人は幸せに向かって生きている。
はっとするような映像美、パリらしい音楽に、パリジャン・パリジェンヌの日常がつまっているような映画でした。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<毎週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアの家具・雑貨の輸入輸出。商談や業界視察のコーディネートをやっています。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会