今の時代の女性の働き方/生き方:ミラノ編

先日出張で行ったミラノでは初めてAirbnb(民泊)を利用しました。
今回利用したAirbnbのホストは30歳のイタリア人女性で、ミラノ市内にアパートメント暮らしをしながら一部屋を旅行客に貸し出しています。
朝起きて、キッチンで淹れたてのエスプレッソをいただきながら彼女と様々な話をすることができました。
 
 
到着からずっと、彼女が一人暮らしであることを不思議に思っていました。
ミラノは家賃も高いため、Airbnb以外に何か収入源でもあるのかしら・・と。
 
彼女はカレッジ入学とともに生まれ育ったミラノ近郊の街からミラノに引っ越してきて、卒業して10年ほど経つアラサー女性。
彼女は教育機関のお仕事を掛け持ちで行なっている、いわば非正規雇用者。
ミラノでは若い女性が一人で家賃を払えるような住環境はなかなかなく、大抵は友達同士でシェアハウスをするのだそうです。
でも、彼女は、自分一人で住むために、自分が稼げるマネタイズを考えたとのこと。
一人でアパートを借り、仕事の合間にたまに部屋を貸し出すAirbnbを始めました。
世界中から訪れるお客様からいろんな話を聞いたりしながら、まだ自分は何者じゃないけれど、何か見つかるといいなあと思って日々楽しんでるのという言葉に、そうか、こういう生き方があるのだなと考えさせられました。
 
 
彼女の住居はとってもシンプルだけど、清潔感にあふれ、また、彼女の思いや好きな言葉や詩が壁にたくさん貼られていました。
ひとつひとつの言葉を英語に訳してもらいながら、ああ、どこの国の人も思いや願いは同じなのだな・・と胸に響くものがありました。
ほんの少しの滞在期間でしたが、心と心の交流ができた素晴らしいひとときでした。
 
 
若い女性が一人で大都市で生きていくのは、どこの国でも一緒で簡単なことではありません。
ですが、一昔前ならこうした生き方は考えられなかったし、Airbnbなんて女性が気軽にできるチャレンジでもなかったでしょう。
 
私たちは、本当にすばらしい時代に生まれました。
だからこそ、今の時代だからできること、もっとやっていきたいですね。
もっと好きに自由に生きていたい。
自分が望めば人生のチャンスは自分で掴めるのだということを、強く感じたミラノのAirbnbでした。
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<毎週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアの家具・雑貨の輸入輸出。商談や業界視察のコーディネートをやっています。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会