6時間から楽しめる☆トランジットで行く「ローマの休日」後編

「ローマの休日」後編は、いよいよ旅のドキュメンタリーをお届けしますっ!
技術編をみておきたい方は、こちらへどうぞ。
 
 

11時間で何ができる?「ローマの休日プラン」ラインナップ

実はローマは今回初訪問。
だから、地理にも疎くしかも時間が読めないということがあったので、予定を詰め込まないことを意識しました。
 
今回、ローマで行ってみたいところ・やってみたいことは以下の通り。
1)ローマといえばカトリック教の総本山「バチカン市国」。バチカンに行ってみたい!
2)バチカン美術館でミケランジェロの最後の審判の天井画を鑑賞してみたい!
3)ローマで本場のジェラートが食べてみたい!
4)ローマで、アマトリチャーナかカルボナーラかピザが食べてみたい!
 
他にも、ローマの休日に出てきた「真実の口」や「サンタンジェロ城」は、時間があったら行けたらいいなくらいにとどめておきました。
また、とにかくバチカン市国は人が多く行列待ちがかなり長いということで、要警戒。せっかく行っても行列にならんで時間をつぶしたくないですからね。
 
事前にネットで調べたら、バチカンエリアに外国人観光客が入れるのは
サン・ピエトロ広場/大聖堂/バチカンミュージアムのみと限られているとのことでした。
世界史受験生だった私としては、キリストの一番弟子聖ペトロが磔で亡くなり、その後教会が建てられ長らくキリスト教世界の中心地である大聖堂やサン・ピエトロ広場はぜひ行ってみたかったのですが、宗教的な重要場所は、やはり祈りを捧げにきた人が最優先であるべきなので、今回はバチカンミュージアムのみを選択。
なんせ11時間ですからね。引き算の行動が大事です。
 
 
で、もう一つ大事なこと。
バチカンミュージアムも入場時に行列必至とのことだったので、「事前ネット予約」で行列時間を省きました。
バチカンミュージアム公式サイト(英語)
 
しかも、バチカンミュージアムでは中でビュッフェスタイルの朝食を食べることができるので、「入場料+朝食+オーディオガイド」を成田空港に向かう1時間前にネット予約。
この朝食は、予約時間がそれぞれあり、念の為、空港からの移動時間(電車&メトロ&徒歩)を考えて一番最後の09:30の時間を押さえておきました。
この時間選択が、結構重要で一番正解だったな。と今にして思います。
 
後の予定は、バチカンミュージアム後に、もし時間的体力的余裕があったらという風にしておきました。
もし、限られた時間であちこち活用したいというのであれば、市内観光バスツアーなどに乗っても良いと思います。
 
 

11時間で行く、ローマの休日

さあ、ここからはドキュメンタリー調でお届けします、私のローマ珍道中。
長いんですけど、しばしお付き合いください。
 
06:20/ローマに到着
成田からアブダビまでひたすら寝続けようと思いましたが、飛行機の座席で熟睡ができず、アブダビからローマまでも隣の若いイタリア人の長い足があたって疲れもピーク。
ローマでは早朝だけど、日本時間では午後にあたるため、比較的頭は冴えていましたが、でも無理は禁物。
特に30時間のフライトを終えて髪の毛がぐしゃぐしゃで汗もかいていたため「こんな汚い格好でバチカンに行ったらかえって失礼ではないか?」と心配になり、空港近辺でシャワーを浴びれる施設を探してから市内に行くことにしました。
バチカンミュージアムでの朝食間に合うかな・・。多分、ギリギリで間に合う、と、思うんだけど・・・
 
入国審査に向かう前に、職員に再度「トランジットで11時間あるので、市内に行っても大丈夫ですよね?」を確認。
「もちろん大丈夫、出発の1時間前までに戻ってきてね」と言われて、がぜんやる気がわいてきました。
 
 
07:30/入国審査(パスポートコントロール)
荷物は機内持ち込みにしてバックパックに詰め込んでいたおかげで、ターンテーブルで荷物を待つ時間をカット。
入国審査に小走りに向かいましたが、がーーーーーーん。
審査のゲートが早朝だからか、ほぼ空いておらず。
そこに長蛇の列ができていたのでした。
後ろのフィリピン人マダムと「イタリア人はもっと働け!」とぼやき続けて1時間。
トランジットで夕方の便でミラノに行くのだと説明したら、面倒臭そうにスタンプを押されて入国審査完了。
 
 
07:50/HELLOSKY(イタリア読みだとヘロースキー)でシャワーを浴びる
「シャワー浴びれる場所ありますか?」と空港スタッフに聞いたら「HELLOSKYでシャワー施設があるよ」と教えてくれ、HELLOSKYへダッシュ。
空港を出て市内に向かう列車の通路の先に、空港ホテルHELLOSKYがありました。
「シャワー浴びたいんです!ナウ!!」と受付に叫んで、10分20ユーロ(高いっ!)でシャワーブースを待つ間が本当に長く感じました。
 
実は私はアメリカ留学時代「お前は鳥か?」と言われるくらい、シャワーの時間が短いことで寮内で有名でした。
しゃしゃっとシャワーで汗を流し、髪をシャンプーして、服を着替えて、髪を乾かしてセットしてメイクして、で、なんだかんだと15分ほど経過。
はぁ〜っ生き返ったぜい。眠気も覚め、こざっぱりとしてチェックアウト。
 
あ、でも、イタリア人は時間にアバウトなのか、10分以上ブースにいても延長料金取られませんでした。
ほっ。
 
 
08:42/ローマ空港駅から市内に向けて列車で出発
そこから空港内の駅に向かい、とにかくチケットカウンターと書いてあるおじさんのところにダッシュ。
市内までの電車料金は14ユーロ。機械ではなくおじさんから買ったからか、手数料1ユーロ余分にかかりましたが、まあいいや。
 
ちなみに進行方向に向かって一番先頭の車両に乗ると、そのあとの移動がラクです!!
 
 
09:10/ローマ中央駅(テルメニ駅)に到着
ここでミスを犯しました、わたし。
大きな駅だから、荷物預け所でバックパックを預けて身軽になってから、地下鉄かタクシーで移動しようとしたんです。
で、終着駅で市の中心の駅であるテルメニ駅に着いたら荷物預け所を探しにうろうろ。
 
それがね。テルメニ駅はでかくてプラットホームから出口が遠いうえに、荷物預け所が、駅の出口からまた戻ってくるルートの地下にあったんです。
しかも荷物預け所の前にはまたもや行列。
 
思わず、あ””〜〜〜っ!と叫んで舌打ちしました。(まぁ品の悪い日本人ですこと・・)
 
しゃーない。もうこうなったらタクシーで向かおう!!
バックパックを背負い直し、また逆走する形で駅の正面玄関のタクシー乗り場へダッシュ。
しかしそこには、荷物預け所の3倍くらいの行列が・・・
ええ、心が折れました。
神よ・・・・。
 
このロスタイムが発生していなかったら、おそらくもっと早く到着できたと思うのですが、まーしゃーない。
 
というわけで、声を大にして言います。
 
「イタリアでは行列が必ずある!」
ここ大事なことなんで、イタリアでのトランジットの際は絶対に覚えておくべし!!!
行列につかまったらアウトと思え。
我ながら名言。うん。
 
 
09:20/メトロA線に乗って、いざバチカンへ
テルメニ駅から地下鉄でバチカンに向かうには、メトロA線に乗り6駅目「Ottaviano(オッタヴィアーノ駅)」で下車。そこから徒歩5分です。
だいたい10分くらいで到着します。
私の朝食がぁぁあ・・・間に合うのかな・・。時間過ぎての入場は入れてもらえるかなぁ・・。でももうお金払ってるし、なんとかねじ込んでもらえるなじゃいかしら・・。だって神様って寛大なんじゃない?神様って困ってる人を救ってくださるんですよね?ですよね?ですよね?
なーんて、心の中で神と対話をしながら観光客で混雑しているメトロに乗車。
 
 
09:30/Ottaviano(オッタヴィアーノ駅)到着
さっきのシャワーでの蘇りが嘘のように疲れ果てて到着。
人波をかき分けるようにして地上に出ると、観光ガイドの人たちが口々に「チケット持ってる?」と話しかけてきました。
「ええ、持ってますとも、でね、私のこの朝食間に合うと思う?」というと、「今9:30だよ!急げば大丈夫!」という人と「あのさ、君バチカンミュージアムだけじゃなくて大聖堂とか行かない?チケット買えるよ」としつこくついてくる人が多くいてびっくり。
なんとか間に合いそうだ、という安堵感でひたすら足を前に進めます。
 
 
09:40/バチカンミュージアム到着

ここで思ったのは
「事前にネット購入しておいて、本当によかった!」でした。
超超長蛇の列。
チケット持っている人は、隣の入り口からささっと入れました。
入った時に手荷物検査があるので、機械に通すと、「君のバックパックはでかいから、荷物預けで預けなさい」とすぐ近くのクロークに案内されました。
おおおおおお!いいところにクロークが!!!
いやー、駅で無理して預けなくてよかったです。しかもクローク料金なし。
重くて面倒だけど、バチカンミュージアムに直行する場合は、荷物は全部持って移動しておこう。
そして、朝一の便で到着する場合、朝食の予約時間はできるだけ遅めにしておくと便利です。
 
その後、予約のプリントアウトした紙を持って「Cassa ONLINW E GROUPPI」という受付ブースで入場チケットと朝食クーポンとオーディオクーポンを受け取ります。
 
で、オーディオを受け取ったらすぐに朝食会場に向かいましょう。
朝食会場は、エスカレーターと階段を上がって、上のフロアに到達したら左に進んだ中庭の中にあります。(中央の中庭に行かないように・・)
 
ええ、中央の中庭に進んだ私は、その後別のレストラン施設を延々と探し当てる羽目に・・。
繰り返します、朝食会場は左の中庭です!!
 
 
10:00/さんざん迷ったあげくについに朝食会場到着

実は、朝食タイム、終わりかけていました。。。
私が最後の一人だったようです。
クーポンを差し出して最後に残ったパンとハム・チーズをいそいでサーブし、ようやく朝ごはん。
へとへとでしたが、苦労が報われて、涙が出るくらい、おいしかったです!
残り物には福がある♪神様ありがとうございました・・・!
 
 
そしてその後は、お目当の美術品めぐり。
ミケランジェロの最後の審判も見ることができて、大迫力に大感激でした。
写真撮影は禁止だったので、私の心のシャッターにおさめておきました。
 
いつもこうした宗教施設に行くと思うのですが、これらの状態にするために、どれだけの財、つまりはどれだけの献金や税金が民から搾り取られたのだろうか・・ということ。
神は、地を作り人を作りたもうた存在なれど、ここを決死の思いで作り上げたのは人間も同じ。
神は人になにを望んだのだろうか。
 
また、2000年前に罪人として命を落としたキリストという男。
一人の死が2000年近くも、こんなにも世界を動かすって、どういうことなのだろう。
そしてその魂は、今、何を思っているのだろう。
キリスト、そして一番弟子の聖ペトロの地に踏みいれた今、遠藤周作の「沈黙」を思い出さずにはいられません。
 
 
12:10/バチカンミュージアム出発
疲労と感動で頭がごっちゃごちゃになったまま、バチカンミュージアムを退去。
荷物を引き取り、ここからどうしようか・・と思いましたが、疲れていたこともあり、いったんテルメニ駅に戻ることに。
バチカンミュージアムから出て、朝よりもさらにひどい長蛇の列ができてることに唖然。
いやー、バチカンミュージアムは午前中に行くことを強くお勧めしたいと思います!!
 
 
12:30/テルメニ駅に到着、空港行きの列車チケット購入
もはやここで大事なのは、「ミラノ行きの飛行機に間に合うように空港に戻る」なので、先に列車のチケットを購入。
もちろんクレジットカードで、そして購入するときは英語表記で買いました。
発車時刻に合わせてチケットが買えるので、出発2時間前までローマ市内にいることを選択。
 
で、出発前に何をしようかと思ったんですけれど、すでに足がぱんぱん。
運動不足で荷物を背負ったアラフォー、足取りが重い・・・。
 
というわけで、ぶらぶらと「テルメニ駅散策」をすることにしました。
かなりでっかいんですよ。テルメニ駅。地下のショッピングモール、地上にもカフェやらアパレルやら一大ショッピングセンターです。
さまよいましたけれど、だんだんと疲労もピークに。
 
 
14:00/テルメニ駅のメルカート(市場)でビールタイム☆
昼時だし、せっかくだから高いレストランに入ってもいいかなと思ったんですけれど、さっき朝食を食べたてでまったくお腹が空かない。
ジェラート?パニーニ?ああ、何を食べたらいいかな・・なんて、ここにきて優柔不断になってしまいました。
 
向こうからジェラートを食べ歩きしているサラリーマン数人とすれ違い。
ムムムッ(川平慈英風)!?あっちにジェラート屋さんがあるってことだね!
ということで、彼らが歩いてきた方角に向かって歩いて行くと、メルカート(市場)と書かれたすてきなフードコートに遭遇♪
おおおおお、ジェラートだっ!
ジェラート屋さんがあったのですが、スタッフ不在で、買えず。
まあいい。とにかく座りたい。なんかビールでも飲ませてくれい・・・
ということで、ビールを注文して腰を下ろし。
ダウン症のスタッフがにこにこと優しくビールの注文を受けてくれて、心が温かくなりました。
釜でその場で焼いてくれるピザ屋さんや、パニーニのお店、ラーメン屋さん、いろんなフードコートのお店でしばしば休憩。
 
 
14:35/テルメニ駅出発
予想外の暑さと疲労であまりにぐったりしていたので、ビールだけ飲んでフードコート終了。
でも元気になりましたよ。やっぱりビールはガソリンです。
 
多分、やろうと思えばもっといろいろ行けたと思うけど、また次回ローマに来た時のお楽しみってことで。
そろそろ「ローマの休日」も終了です。
 
 
15:07/空港に到着
「1時間前までに戻ってくればOK」って言われてたけど、でもどっこい、ローマの空港はかなり大きいので、移動してると結構時間がかかります。手荷物検査もうけるしね。だからこの時間に戻ってきて正解だったな。
 
15:40/フリーSIM用カードを購入
ミラノ行き飛行機のトランジットエリアに行く途中に、フリーSIMカードを購入。
フランスでもそうですが、現地でのスマホ活動になくてはならないものです。
時間も余裕があるので、レジのお姉さんに、設定も完了してもらい、これで心置きなくスマホを使えるようになりました♪
 
 
17:10/ミラノ行き飛行機にてローマを出発
トランジットエリアでは、薄着のマダムが寒そうにしていたので、思わずホッカイロを差し出して背中やお尻にあててあげました。
そうしたら「まあ、あなたはなんて親切なの!」とホッカイロに大感激されて、一日一善の善行をここローマで行えたことにちょっとほっこりしました。
まあ、旅は道連れ、袖釣り合うも他生の縁ですからね。
こうして半日のローマの旅を通して、楽しい時間を過ごすことができたのはいい財産です。
また行こうっと♪
 
 

ーーーーーー
■新米インテリアコーディネーター向けのサービス
新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone
 
<毎週水曜日配信>のぶちん先輩からメッセージが届く☆新米ICさんに向けた無料メルマガはこちら!
新米IC応援通信メルマガ
 
■インテリア業者様向けのサービス
フランス・イタリアの家具・雑貨の輸入輸出。商談や業界視察のコーディネートをやっています。
インテリアのプロによる、専門的なサービスです。まずはお問い合わせください。
 
■店舗向けのサービス
日本全国で店舗向けの空間づくり講演会を開催しています。まずはお近くの講演会をチェック!
店舗向けの空間づくり講演会