新米ICさんは、気持ちを吐き出せる環境を持とう

新米ICさんで、インテリアの業界は初めてです、という人はかなり多いのではないでしょうか。
例えば、前職はOA機器メーカーの事務職でした、とか、前職は車の営業やっていました、とか、ある程度社会人経験を積んでからインテリア業界に転職されてきた方を多く見かけます。(私もそうでした!)
 
 
そうした方達が一番驚くのは、「インテリア業界ってめちゃくちゃ忙しいんだな」とか「残業が多いなぁ」とか「意外と事務作業が多いんだな」ということでしょうか。
 
もっと優雅でおしゃれな仕事だと思っていたのに・・。
もっと働きやすい環境だと思っていたのに・・。
 
インテリアという商材が家の未来づくりという印象があり、もっとゆったりとした中で仕事をすると思っていると、意外と「思ってた仕事環境とは・・・だ・い・ぶ・違う!」ということをよく耳にします。
「かなり残業があって、定時に帰れたのは初日だけだった」、とか、「仕事のやり方を教えてもらってないのに突然仕事を無茶振りされた」、ということで不安を覚える方もかなり多いと思います。
 
 
 
このように多くの新米ICさんが、様々な期待や不安、現実とのギャップを抱えて仕事に取り組んでおられると思います。
そして、新しい未知の環境でドキドキしているうちに、仕事の大きな渦に投入されて、気づいたら心身ともに疲弊してしまった。。という新米ICさんもかなり多く見てきました。
 
 
 
新米ICさんは、職場に同期の人がいることが少ない環境の職場でもあり、自分と同じチームにいるスタッフが大抵「先輩」とか「上司」だったりしますよね。
そういう環境だと、素直な自分の気持ちや感想を吐き出して共有できる仲間がなかなかおらず、不安や不満を吐き出す場がなくて追い詰められてしまう人も多いんですよね。
 
 
 
すごくわかります。
私がまさにそうでした。
 
 
新米IC時代は、毎日叱責されて「今日も怒られた。今日もできなかった。・・私はきっとこの仕事に向いていないんだ」と自分の中で何度思ったことか。
日中の多くの時間を上司や先輩たちと過ごし、気持ちを吐き出せたり相談できる相手がすぐ近くにいなかったことと、せっかくインテリア業界に入れたのだからここでがんばらなきゃ、という気持ちが強かったため、自分の心の苦しさを誰かに吐き出すことができなかったのです。
 
 
数々の失敗を重ね、怒られて。
吐き捨てるように人格否定されたこともありました。
休みの日でも、叱責される夢を見てしょんぼり・・。
夏休みに友人たちと海に出かけても、「あとO日でまた会社に行かなくては・・」と思うと、はしゃぐ気にもなれず、砂浜で1人ぽつんと体育すわり。
今思えば、うつ状態になっていたのかもしれません。
仕事辞めたいけど、今の状況で辞めたらダメだ・・と、追い詰められたような気になっていました。
 
 
そんな私を救ってくれたのが、親友の一言。
インテリア業界への転職を力強く励ましてくれた親友と、年末休暇の際にで2人で飲みに出かけた時のこと。
都内のビルの見晴らしの良い居酒屋で、思いきって今のボロボロな状況や、辞めたいけどこのまま辞めたらせっかくがんばってきた意味がないのでは・・と苦しい胸の内を打ち明けました。
 
 
普段は明るく優しい親友が、その時きっとなって
「もういい、辞めちゃえ!1年とちょっと、今の環境で十分がんばったよ。あなたなら大丈夫、次、探そう!!」と鋭く言ったのです。
後から聞くと、親友は「あの時心身ともに弱って苦しんでいる姿を、これ以上見ていられなかった」と言っていましたが、私にとっては、自分の弱いところや辛い気持ちを吐き出せて、ふっと力が抜けた瞬間でした。
その後、自分はインテリアのこういう道に進みたい、ということが見つかって、転職して今があります。
 
 
自分のダメダメなところや失敗を受け止めてくれた親友には本当に感謝しています。
その後も親友は、何かとしんどい時にはすっと受け止めて明るく接してくれたので、私はなんとかインテリアの仕事を続けることができたんですね。
独立した時は、自分のことのように喜んでくれ応援してくれました。
今も、私の成長を日々見守り続けて応援してくれている、大切な親友です。
 
 
 
かつての私のように悩んでいる新米ICさんは、たくさんいます。
「せっかくインテリアの仕事に就いたのだからやめるわけにはいかない」と必死に食らいついている真面目な人であるほど、胸にたまった不安やストレスも多いと思います。
 
 
だから、新米ICさんは、自分のチャレンジを認めて応援してくれる友達を大事にしてくださいね。
もしあなたが周囲の人たちに自分の気持ちや思いを吐き出せないのであれば、私がそばにいるということを忘れないでくださいね。
 
 
 
 

ーーーーーー

新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

まずは無料メルマガで学ぼうという方はこちら!
新米IC応援通信メルマガ