無駄遣いが減る!スーパーでの買い物方法

1週間に1度ほど、日用品や食料品の買い出しに出かけます。
1年前にある人からお金の使い方についてアドバイスを受けたこともあり、「お金を賢くセーブしながら使うにはどうしたらいいだろう?」を考えて、トライ&エラーで実行しています。
 
 
今日はデイリーショッピングでお金を無駄遣いしないためのマイスタイルをご紹介。
 
 

玄関に「次回の買い物リスト」をおいておく

事務所で大量に発生する裏紙をA5サイズにカットし、パンチで1箇所に穴あけしたあと、麻ひもで通して束にして帳面状にしています。
それを玄関に置き、1枚目に、「今週使い切ったもの」「次回の買い物時に買いたいもの」を箇条書きにしています。
そうすれば、次回買い物に行く際に帳面から1枚剥がせば買い物リストができていますからね。
基本的にそこに買いてある内容以外は、「要検討」として買わないというルールにしています。
 
 

決めた予算を電子マネーカードに入れ、キャッシュの出し過ぎを防ぐ

私の行きつけのスーパーはイオンスーパー。
以前はスーパーの買い物にはクレジットカードを利用していましたが、キャッシュを使わないからか、財布の中の状況をあまり確認することもなく、欲しいっていうだけで制限なく買っていたんです。
それがまず無駄遣いの一歩ですよね。
そこで、「キャッシュの出し過ぎを防ぐ決済」作戦に変えました。
 
イオンにはWAONカードのチャージ機があるので、スーパーに入ったらすぐ今週の予算を財布からWAONカードに移すようにしています。
こうすることで、レジ精算時に「キャッシュは使わない。基本WAONカードで支払う」という予算以上のキャッシュを使わないという仕組みができあがります。
 
ちなみに、私のWAONカードはJALのマイレージカードなので、微々たるものですが、日々の買い物がマイレージ貯金につながっているというムフフな仕組みになっています。
このJALのマイレージポイントでフランス行きの飛行機代が支払えるのはいつのことやらですが、マイルのポイント数が少しずつ上がっていくのがちょっと嬉しかったりします。
 
 

カート内の税込価格をスマホの計算機でカウントアップする

私は算数が苦手なので、WAONカードに入っている金額以上に買い物をしていないか、予算オーバーがちょっと不安です。
そんな時、スマホの計算機がめちゃくちゃ役に立つんです。
 
かごに入れたものの税込価格をその場でスマホの計算機で都度足していき、予算内で支払えるか常にチェック。
カウントアップにしておけば、予算に到達するまで足し算していきますし、またカウントダウンであれば予算額を最初に打ち込んでそこから引き算をしていけば、簡単です。
わかりやすいし、明確なルールがあるから、ゲーム感覚で予算内で買い物ができるんです。
 
しかも、この方法を始めてから、無駄遣いがめっきり減りました。
楽しんでやっているし、賢く買い物ができているので、一石二鳥かなっ。
 
 
スーパーで「よおし、あと203円だ〜」とか「くぅ〜っ、52円オーバーか・・」とかスマホを見つめながらぶつぶつつぶやいている女がいたら、生あたたかい目で見守っていただければ・・・!!
 
 
ところで、あなたの「賢い買い物のためのルール」はありますか?
もしあったら教えてくださいね。
 
 
 

ーーーーーー

新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

まずは無料メルマガで学ぼうという方はこちら!
新米IC応援通信メルマガ