新米ICさんの打ち合わせが決まらない、たった一つの理由

新米ICさん(に限らず、多くのICさん)からの相談で多いのは「打ち合わせで、決まらなくなる」ということ。
実は、ベテランのICさんでも、「私、打ち合わせ時間が長い方だから〜」という方が多いです。
あなたもそうではないでしょうか?
 
 
打ち合わせで決まらない、打ち合わせ時間がつい長くなる、には1つ理由があります。
多くのケースをみて思いますが、それはズバリ、「お客様を導いていないからお客様に迷わせている」んです。
 
え、お客様が迷って何が悪いの?
と反論されたあなた。
お客様は迷うものでしょう?それは仕方ないんじゃない?って。
 
 
確かにお客様は迷うものです。
でも、あなたの打ち合わせが決まらない、または打ち合わせ時間がかかりすぎる原因は、
「お客様に最適な情報をご提供できていないので、結果、どれを選んでいいのかわからなくなって決められなくなった」ということに目を向けて欲しいのです。
 
 

提案を広げすぎているICさんが必ず使う言葉

えー、ここで私が知っている「お客様に迷わせているICさん」がよく使うパワーワードをご紹介します。
 
「この中からどれでも好きなデザインを選んでください」
 
ね、そこのあなた、使っていませんか?
「なんで?この言葉の何が悪いの?」
「え、お客さんは選んじゃいけないの?」
と不思議に思っているICさんも多いことでしょう。
 
ポイントは「どれでも好きなデザインを選べ」。
つまり、お客様に、この中のもの全てを見てから欲しいものを自分で決めてください、と言っているのです。
だからお客様は、全て自分でチェックして、膨大なサンプルの中から、「うーん、これがいいかな?」というものを自分でピックアップしているのですが、そこに選ぶ基準となる明確なアドバイスがないから、選ぶだけ選んでしまい、そして好みを一つに絞りきれなくて迷うのです。
 
 
でね。
お客様に自分で全部見て、自分で決めろって言っているICさんって、そもそも打ち合わせに必要ですか?
私ははっきり言って、そんなICさんいてもICとしては意味がないんじゃないかなと思っています。
なぜなら、ICが本来やるべき仕事、「提案」を放棄しているから。
 
 

あなたのICとしての価値は何か?を考える

ところで、お客様は、ICさんという人に何を期待しているのでしょうか。
そう、失敗できない家や室内といった高額な買い物に対して、的確なアドバイスや提案をしてくれるプロフェッショナルな仕事をしてくれることを期待しているんですよね。
 
でも、「どれでも好きなものを選んでください」というICさんは、的確なアドバイスや提案をしていないですよね。
すべてお客様任せです。
だったらカタログをお客様に渡して、「これ見て決めてきてください」であれば、別にICさんじゃなくても誰だっていいですよね。
もっと言ってしまえば、ICさんなんていらないと思いませんか?
ええええそんな・・・と思った方。
せっかく頑張っているのに、いらないと言われたら悲しいですよね。
 
 
私はICの仕事は
「お客様を膨大な選択肢の中で迷わせるのではなく、最適なプランを提案してベストな方向に導いてあげる」
ことだと思っています。
そう、ICさんの大事な仕事は「提案」であり、「たくさんある選択肢の中からベストな答えに向かって導いてあげる」ことなのです。
 
だから、ぜひ、お客様が何を望んでいるのかを伺った上で、最適なプランをお客様に提案することを心がけて欲しいなと思います。
 
 
ついでに言いますと、打ち合わせが決まらない、ついつい長引くという方は、あなたの時間も奪っていますが、同時にお客さまの貴重な時間も奪っていることをお忘れなく。
新米といえど、あなたはICを名乗っている以上、プロのインテリアコーディネーターです。
プロのあなたのいる価値、あなたがお客様に提供できることは何か、ということを今一度考えてみてくださいね。
 
 
ーーーーーー

新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン
https://peraichi.com/landing_pages/view/shinmai-ic-onlinesalone

まずは無料メルマガで学ぼうという方はこちら!
新米IC応援通信メルマガ